« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.20

久々に「観戦レポ以外のファイターズネタ」をUPしてみる(笑)

オールスター第1戦、ダルビッシュが快投を見せて100万円GET!だとか。
1年目は札幌ドームMVP、2年目は日本シリーズ優秀選手賞で、今年はこれ。
実力もさることながら、賞金に縁のある星の下に生まれてきたに違いない(笑)

それにしてもファイターズ、前半戦を終わって49勝34敗4分で「貯金15」を保有。
序盤はどうなることかと思ったけど、これだけやってくれれば十分ですよ。

打の二枚看板+左のリリーフエースを失い、極めて不安なシーズンインでしたが、
考え方を変えれば「いつかは居なくなる人たち」が、数年早く去っただけ。
みんなで寄ってたかって(笑)穴埋めすれば、世の中結構何とかなるもんです。

…それで片付けちゃイカンね(笑)何のためにファイターズブログをやってるんだか。
せっかくなので「蓄財」できたポイントを整理してみましょう。まずは投手から。

【1】先発3本柱「グリン・ダルビッシュ・武田勝」
3人トータルの防御率、驚異の「2.11」!連敗しにくくなった理由はこれでしょう。
故障さえなければ、後半もかなりの安定感を見せてくれるはず。

【2】いつの間にやら中継ぎエース「江尻慎太郎」
いつの間にやら一軍に昇格し、いつの間にやら不可欠な存在に。
中継で見る登板時の表情は、真剣なのかニヤついてるのかよく分からん(笑)

【3】無垢な若者たちが稼いだ「49分の5」
金森・木下・吉川が挙げた「合計5勝」の価値は極めて大きい。
八木と建山が本来稼ぐはずだった分を、しっかり拾ってくれました。

【4】今年も健在「HAMの方程式」
昨年みたいな物凄い結果を求めちゃ可哀相。二人は十分仕事してますよ。
まさに「継続は力なり」。この積み重ねが常勝チームを築いていくんでしょうね。

次は野手。

【1】「安打王」の1番打者+「犠打王」の2番打者=「53打点」の3番打者
そりゃ「札幌ドーム名物・稲葉ジャンプ」の回数も飛躍的に増えるわけだ。
ちなみに1・2番の「合計盗塁数」は38個。最終的には60個を超えてほしい!

【2】遅れてきた松坂世代「小谷野栄一」「工藤隆人」
…言いたいことは前記事に書きました!(笑)ホントによく頑張ってます。
体力面が心配だけど、後半を何とか乗り切って真のレギュラーに成長して下さい。

【3】20代ラストイヤー、成熟期に入った?「高橋信二」
今年は「体調面での状態の良さ」と「捕手・打者として10年培った経験」が
上手く融合している印象を受けます。グリンとのコンビは名物になるかも(笑)

【4】やっぱりアナタがミスター・ファイターズ「田中幸雄」
序盤、調子の上がらないチームを救ったのは、やはりこのお方でした。
生で見た「札幌ドーム初アーチ」は綺麗な弾道だったなぁ…

他にもまだまだおりますが、とりあえずはこんなところでしょうかね。
  

…後半のキーマンは誰かって?


誰というのではなく、みんなで力を合わせる!そうやってここまで来たじゃないか。
残り57試合、選手も首脳陣もスタッフもファンも道民も、みんなで手を取り合って、
2年連続で「紅葉の季節」に美酒を味わいましょうよ!ちょっと寒いけどね(笑)

最後に、今後のファイターズ生観戦予定ですが…
確定は9月2日(日)対ホークス戦のみ。前日にミスチルライブがあるもので(^-^;)
8月中旬の「WE LOVE HOKKAIDO」シリーズにも行きたいけど、現時点で微妙。
もしかしたら、9月7日(土)に2週連続で行くかも?なんて状況もちらほら。
いずれにしても、レギュラーシーズンの生観戦は多くても2試合になりそうです。

なお、自分は十勝在住でありますが、今回の道東シリーズは観戦できません。
ちょうどその時期…再来週に少々遅い新婚旅行を計画しておりまして、
帯広の森野球場ではなく、こっちの野球場に足を運ぶ予定にしております。
もしかしたら「一生に一度」かもしれないので、思う存分堪能してきますよ~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.07.07

【'07Fs観戦レポ:vol.5】あの夏から1年後、ドームにはたくさんの「花」が咲いていました。

[モブログ]<br />
 アンタはエライ!
サヨナラホームランを生で見られるなんて最高!
ハイテンションのまま十勝に帰ります(笑)

(↑試合終了後、現地からのモブログ投稿)
---------------------------------------------------------
('07.7.9追記)

ハイテンションのまま十勝に戻った後、PCに録画しておいた中継で試合を振り返る。
テンションを普通に戻して「あの瞬間」を見直したら、何だかとてもジーンときた。
すごい場面に立ち会っちゃったなぁ…栄ちゃん、おめでとう!そしてありがとう!

【2007Season/Game79】
○北海道日本ハムファイターズ 5x-4 千葉ロッテマリーンズ●

前記事(6回表、里崎に一発を浴び1-4となった直後のモブログ投稿)の時点では、
「後半で逆転してくれ~!」とは書いたものの、正直なところ「敗色濃厚かな…」
という気持ちになっていました。それが本当に逆転してしまうとは!もう嬉しすぎ。
小谷野の打球がまさに「45度」の角度で上昇していく、その残像が頭から離れません。

振り返ってみると、ちょうど1年前の7月9日、自分は地元・十勝で開催された
ファイターズのイースタン・リーグ公式戦(道東遠征)を観戦していました。
先発の江尻はKOされ、陽はノーヒット。小谷野と工藤は安打を放つも、試合は完敗…

それから1年後の札幌…江尻は見違えるような剛速球をビュンビュン投げ込んでいた。
陽は弱冠20歳にしてスタメンを勝ち取り、工藤は走攻守すべてが輝きを増していた。
そして、もはやチームに不可欠な存在へと成長した小谷野は、とんでもない活躍を…

あの夏に見た「蕾」たちが、見事な「花」を咲かせている。なんて素晴らしいんだ!

選手たちの弛まぬ努力、首脳陣の熱心な指導、球団スタッフの一生懸命なサポート、
そしてファンの強烈な後押し…そのすべてがファイターズを日に日に逞しくしている。
これから1年後、このチームはどれだけ大きくなっているのか…楽しみは尽きない!

---------------------------------------------------------

ここからは観戦余話。

今シーズン2度目の生観戦となった、うちの相方。
最近はFsのことを結構覚えてきて、主力クラスの顔と名前は一致するようだ。
その相方が、試合の序盤でスコアボードを見て放った一言。

「ファイターズのピッチャーは…スウィーティー?

速攻で「“甘い”かよ!」とツッこんだのは言うまでもありません(笑)
スウィーニーの制球が「ど甘」だったのは、この一言が原因かも。

試合は進んで8回表、4-4の同点。Fsの3番手ピッチャーがマウンドへ。
スコアボードの大画面には、その投手のフルネームと今季成績が映し出されている。
それを見た相方が、追い打ちのように放った一言。

「江尻…桃太郎?

タイスコアの緊張感が一瞬にして緩んでしまいました(笑)

それでもサヨナラホームランを見れちゃうんだから、うちの相方は“持ってる”かも。
そういえば昨年の日本一の試合も一緒に見てたぞ…やっぱ“持ってる”のか?
というわけで、これからも頑張って教育し、一人前のFsファンに仕立てます(笑)

なお、この試合の勝利で、自身「札幌ドーム生観戦9連勝」達成です!
これで昨年7月1日の生観戦から1年間「無敗」となりました(引き分け1試合含む)。
どこまで続く不敗神話…ファイターズだけに運を使ってるような気もしますが(^-^;)

| | コメント (4) | トラックバック (7)

[モブログ] 今日はイカンなぁ…

[モブログ]<br />
 今日はイカンなぁ…
今シーズン5回目のファイターズ生観戦中。
↑の通り、今日は劣勢でございます…
この回を抑えて、後半で逆転してくれ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »