« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.27

【82勝54敗】夢への扉が25年ぶりに開かれた。さあ!みんなで目指す「てっぺん」まで、あと6歩!

・・・そうです。目指すは悲願の「日本一」です。そのためには「あと6歩」進まねば!
ここまで「82歩」の足跡を刻んできた彼らだもの、力強く歩んでくれること間違いなし!

【2006Season/Game136】
○北海道日本ハムファイターズ 4-1 福岡ソフトバンクホークス●

今日はとにかくこれを叫んでおかなければ・・・


レギュラーシーズン『優勝』おめでとう!


自らのブログにこんなフレーズを記せるなんて、まさに「シンジラレナイ」!
選手、スタッフ、ファンの仲間たち・・・Fsに関わるすべての皆様、本当に感謝です!

おっ!祝勝会のネットライブ中継が始まるぞ!ブログ書くよりそっちを見なきゃ!(笑)
POまで2週間近くあるし、その間にゆっくりとレギュラーシーズンを振り返りましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (20)

2006.09.26

【81勝54敗】此処は彼らのための場所、そして僕らのための場所。

「てっぺん」を目指す上で重くのしかかるプレッシャーを緩和してあげられるのは、
「母なる北の大地と、そこに住む人たちのあったかさ」以外には考えられない。
熟成期間3年の「一体感」という美酒が、札幌ドームという「器」から溢れ出している。

【2006Season/Game135】
○北海道日本ハムファイターズ 8-0 福岡ソフトバンクホークス●

六本木にある某地上波民放テレビ局のサッカー中継のキャッチコピーじゃないけど、
今日のゲームはファイターズにとって、まさに「絶対に負けられない戦い」でした。

「心を乱される出来事」が不意打ちのように発生してしまい、この大一番に臨む上で
平常心を保つには相当の苦労があったでしょうけど、本当によく乗り越えてくれました。
リーグNo.1エースに投げ勝ち、打ち勝ち、そして大勝利。逞しいったらありゃしない。

さぁ、みんなでずっと目指してきた「てっぺん」が、ついにはっきりと見えてきましたよ!
この高揚感、どう表現してよいのか・・・今日でこんなんじゃ、明日が思いやられる(^-^;)

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006.09.22

Fバンド、右か左か、アナタはどっち?

某紙によると「Fバンド」が予想以上に好評なようで。17日に買っといてよかった(笑)

それにしても、この世に「Fバンド」なるものが登場してから、Fsは負け知らず。
優勝を目指す上で、この上ない「ラッキーアイテム」の誕生でございます。

そこでFsファンの皆様にお伺いしたい。アナタはこの「勝利のお守り」を・・・

060922_fb_r

「右手」につけますか?

それとも・・・

060922_fb_l

「左手」につけますか?

応援の拳を振り上げる「利き手」の右手か、それとも「勝負」の時は左手か・・・
まぁどっちでもいいんですけど、ちょっと悩んでしまっております(^-^;)

というわけで、皆様のご意見をコメントにてお寄せ下さい!

ちなみに17日の自分の選択は「試合中は左手(勝利!)」「祝杯時は右手」でした。
・・・あぁ、その通りだよ。Fバンドつけてススキノで飲んでたよ。悪いか!(笑)

優勝したら、ススキノが「Fバンド」をつけた道民で埋め尽くされるんだろうな。
十勝地方のFsファンの皆様、優勝したら「北の屋台」も埋め尽くしちゃおうぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.18

【78勝52敗】心臓が破裂しそうなシーソーゲームを制したのは「勇敢な戦士」たち!


GO!!! GO!!! CHARGE!!!!!!

「大応援ボード」を掲げること都合11回、「寄り切り」で何とか白星を手中にできました。
選手の皆様はもちろんですが、応援している方もヘトヘトになってしまいましたよ。
いやー、今回は日帰りじゃなくて1泊2日の旅程にしておいて本当に良かった・・・

【2006Season/Game130】
○北海道日本ハムファイターズ 6x-5 千葉ロッテマリーンズ●

というわけで昨日は「全員集合シリーズ」に滑り込み参戦しておりました。
実はまだ札幌におりまして、駅前のネットカフェより更新しております。

昨夜はススキノで祝杯(笑)勝利の余韻に浸って床に就き、もちろん目覚めは爽快!
ホテルでの朝食時、スポーツ紙の一面を見てニヤついていたのは内緒です(笑)
マックのサヨナラ打、稀哲の大爆発、新庄のタイムリーに好捕、ああ目に浮かぶ・・・

夕方まで帯広に戻らなきゃならないので、もうそろそろ札幌を出発しようと思います。
帰宅後、体力が残っていたら追記するかもしれないし、しないかもしれない(^-^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.17

[モブログ] ドームは超満員!

[モブログ]<br />
 ドームは超満員!

すごい~!今日も絶対勝つぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

【こんなのが】北海道日本ハムファイターズ『大収穫祭』開催のご案内【もしもあったら】

拝啓

思わぬ「猛暑」もやっと去り、北海道も例年のように「爽涼な秋」を迎えつつあります。
皆様におかれましては、真夏の疲れも何のその、元気でお過ごしのことと存じます。

さて、北海道の「秋」と言えば、やはり「実りの秋」という言葉が相応しく、
今年も「大地の恵み」を“五感”で存分に堪能できる季節がやってまいりました。
ホクホクのじゃがいも、甘~いトウキビ、想像しただけでヨダレが出てしまいます。

お野菜だけではありません。豊富な海の幸も、ジューシーなお肉も、牛乳も・・・
こんな素晴らしい「恵み」を与えてくれる我が北海道に、改めて感謝したいものです。

一方、北海道には、これらの食材と同じ、いや、それ以上の「恵み」を与えてくれる
唯一無二の「プロ野球チーム」が存在します。そう、北海道日本ハムファイターズ!

ファイターズは「21世紀の開拓者」として、3年前に北海道へ“移住”してきました。
移住1年目は持ち前の破壊力で最低限の収穫量を何とか確保できたものの、
2年目は初夏にバランスを崩し、残念ながら下から2番目の収穫量に終わりました。

そして3年目の「勝負」の年・・・現場の主が「仕事のやり方」を大幅に改良したことや、
「担い手の獲得・育成」の成功等により、史上空前の「大豊作」となっております。
ここまで収穫した「白星」という名の果実は何と75個!すべてが美味でございます。

これだけの収穫を得られたのも、チーム状態が「晴れの日」でも「雨の日」でも
変わらず応援して下さったファンの皆様のお陰です。本当に有り難く存じております。

この感謝の思いを込めまして、北海道日本ハムファイターズでは明日から3日間、
「全員集合シリーズ」と銘打った“大収穫祭”を開催することといたしました。
期間中は様々なイベントをご用意し、皆様のご来場をお待ち申し上げております。

“大収穫祭”を開催するとはいえ、ファイターズの収穫作業はまだ続いております。
今月中に最大であと9個の「白星」をもぎ取るチャンスが残されているのです。

「全員集合シリーズ」の一番のお楽しみは、もちろん「白星」を3個もぎ取ること。
そのためには、たくさんの皆様のご来場と“なまら熱い”応援が絶対に必要なのです。
時節柄ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ともご来場下さいませ。

最後に、ファイターズを愛するすべての皆様に、この言葉を贈ります。

『目指せ てっぺんっ!』

                                           敬具

----------------------------------------------------------------

・・・もちろん、この案内状はフィクションですが(笑)
こんな「ご案内」を頂いたと思って、17日(日)は全員集合シリーズに参戦します!
15・16日に参戦される皆様、私の分まで応援をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.09.10

【74勝51敗】第1チェックポイント通過でPO進出決定、目指すはポールポジション!

ラップは前を走る2台のマシンに引けを取らないぜ。すぐにでも捕らえてやる。

『何人たりとも俺の前は走らせねぇ!』

【2006Season/Game125】
○北海道日本ハムファイターズ 4-2 オリックスバファローズ●

・・・このフレーズに「ピン!」と来た方は、自分と同世代か、それ以上ですよね(笑)
当ブログで再三書いております通り、管理人は稲葉と同学年でございます(^-^;)

まずはこれを書いとかなければ・・・


祝!プレーオフ進出決定!!


昨年の悔しさを見事に晴らし、しかも「74勝」というハイレベルでの関門突破。
残り11試合、夢の「80勝」も視界に入ってきました。どーせなら全部勝っちまえ!

とは言うものの、敵も簡単には脱落しないだろうし、もしかしたら「同着」もあるかも。
パ・リーグ公式サイトの「プレーオフに関するアグリーメント」(抜粋)によると・・・

レギュラー・シーズンの順位は、勝率によって決定する。
引き分け試合は再試合を行わず、勝試合数を勝敗が決した試合数で除し勝率を計算する。同率球団が生まれた場合は、以下の成績にしたがって順位を決定する。
次の順でレギュラー・シーズン順位を決定
(ⅰ)当該球団間の対戦勝率が高い順
(ⅱ)前年度順位の上位

これに当てはめると「ライオンズと同率の場合、対戦成績が負け越しのFsが下位」
「ホークスと同率の場合、9/26・27の札幌ドーム最終2連戦で1勝でもしていれば、
対戦成績が勝ち越し(20試合のうち11勝)となりFsが上位となるが、連敗ならば
対戦成績がイーブン(20試合10勝10敗)となり、前年度の順位によりFsが下位」

ということですが・・・これで合ってるのかな?素直に新聞報道を待ちましょうか(笑)

とにかく、こんなのを考える必要の無い状態でレギュラーシーズンを終えてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

【73勝51敗】お願い・・・タッチ!タッチ!鷹にタッチ!獅子の背に~タッチ!

「ちょっと!ちょっとちょっと~!」ずつ確実に前進する、頼もしき我らがFs。
でも・・・「なんで!なんでなんで~!」上位2チームは負けないかなぁ。
こうなりゃ自力で叩きのめすしかないね。「お前ら、すぐに、ぶっ飛ばす!」

【2006Season/Game124】
○北海道日本ハムファイターズ 10-2 オリックスバファローズ●

・・・以上、序文は「ザ・たっち」のギャグを使用&アレンジしてお送りしました(笑)
昨日は「完勝」すぎて、試合内容に関しては書くことが思い浮かびません(^-^;)

上位2チームをぶっ飛ばす前に、まずは今日の試合を確実にGETしなければ・・・
エースがきっちり先週の「汚名返上」を果たしてくれることを強く希望いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.05

【70勝50敗】「勝利のタスキ」を必死で繋ぐリリーバーたちの野球人生に幸多かれ。

我がチームの守護神・MICHEALは先月「1勝8セーブ」という素晴らしい活躍ぶり。
でも月間MVPは「鷹のエース」に奪われた・・・確かに「敵ながら天晴れ」ではあるが、
やはり残念無念。今日の「三者三振」は、彼にとっての「リベンジ」だったに違いない。

【2006Season/Game120】
○北海道日本ハムファイターズ 9-6 福岡ソフトバンクホークス●

今日でMICHEALのセーブは「32」となり、「幕張の防波堤」の背中が見えてきました。
チーム状態を考えると、小林雅を抜き去る日も遠くはないでしょう。目指せセーブ王!

・・・MICHEALに触れた以上、武田久を取り上げないわけにはいかないね(笑)
先週はやや不安定で心配したけど、今日はいつもの快投で34個目のホールドをGET。
これで2位に10ホールド差かな?とにかく今年はガッポリ給料を上げたって下さい。

岡島も押本もいい仕事しました。残り試合は今日みたいな展開が多くなるだろうし、
今シーズンは最後の最後までリリーフ陣の皆様に「おんぶに抱っこ」となりそうですが、
この「千載一遇のチャンス」を掴むため、もうひと踏ん張りよろしくお願いしますよ!

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2006.09.02

【69勝49敗】レギュラーシーズン勝ち越し確定!もはや目指すは「てっぺん」のみ。

「20歳」が同期対決を制して節目の「10勝」を飾り、チームに貯金「20」をもたらした。
「37歳」が“往年”の強肩強打で相手の息の根を止め、チームを「一段」上昇させた。

こんな「全員野球」で一歩一歩、粘り強く、集中し、諦めずに頑張ってきた結果・・・
ようやく「ライバルの背中に手が届く位置」まで辿り着いた。後は「追い越す」のみ!

【2006Season/Game118】
○北海道日本ハムファイターズ 8-3 西武ライオンズ●

終わってみれば「クリーンアップ揃い踏み」で華やかな勝利に見えてしまうけど、
試合中盤~後半は毎回のようにランナーを背負ってしまう、非常に苦しい展開。
それを水際で堪えて、何とか突き放し、必死でもぎ取った大きな「1勝」でした。

相手は最後までボディーブローを浴びせてきたけど、それに負けてはいられない。
「背中を掴まれそうになって、必死にもがいてるんだな」くらいに思えばいいさ。
明日も勝つ?そんな小さいこと言わないで、最後のロードを一気に駆け抜けろ!

------------------------------------------------------

Fsがこんなに頑張ってるんだもの、北海道のファンとして、これは行かねばならぬ。

北海道日本ハムファイターズ公式サイト
「9月15日・16日・17日は全員集合シリーズ!」

というわけで、17日(日)は「レギュラーシーズン最後の生観戦」に馳せ参じる予定。
35,000人と一緒に「大応援ボード」を掲げて応援できる日を心待ちにしております。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »