« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.26

【50勝40敗】まさに粘り勝ち!ありがとう稀哲、ありがとうライブ中継(笑)

交流戦の初戦も「シングル4連打でサヨナラ勝ち」でしたが、まさにミラクル再び!
「節目に強いジンクス」を証明するかのごとく、見事に敗戦ムードを覆しました。
この「大興奮のシーン」をライブで見られたんだから、改めて「ネット」に感謝です。

【2006Season/Game90】
○北海道日本ハムファイターズ 5x-4 東北楽天ゴールデンイーグルス●

7回の攻防が「雲泥の差」だった時点で、正直「今日は厳しい」と思いましたが・・・
追い込まれても諦めない姿勢を見せ続けたことが、相手のミスを誘い、最終的には
「自らの手でチャンスを築き、それをモノにする」最高の結果を手繰り寄せました。
今日に関しては「勝利への執念」を持ち続けた野手陣を素直に褒めたいものです。

延長突入時点でリザーブの野手が何と「ゼロ」になってしまったこともあり、
選手起用のタイミングにはどうも疑問を感じますが、事なきを得て良かったですよ。
つーか、これで誰か故障でもしたら(特に捕手)、一体どーするつもりだったのさ?
「代打・小田」を告げるのも、ワンテンポ早いよなぁ。結果的に「捨て駒」にしちゃったし。
それとも「代打の代打・SHINJO」で球宴明け初戦を盛り上げるための伏線?(笑)

それにしても「7月中に50勝到達」できるなんて、素晴らしいったらありゃしない。
レギュラーシーズン再開時は「最終的に70勝してくれれば」くらいに思っていたけど、
この状態なら「上方修正」してもいいでしょう・・・「77勝」でトップ通過を目指せ!

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2006.07.22

[モブログ] 祝!甲子園出場決定!

夏の高校野球・北北海道大会を勝ち抜いたのは帯広の白樺学園高校!
我が地元・十勝から5年ぶりの甲子園出場です。よくやってくれました。
実は近所の高校なので、ひそかに応援してました(笑)
これで夏の楽しみが増えましたよ(^-^)甲子園での健闘を祈る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の夜は札幌ドームに足を運ぶ予定。

道東在住のくせに、早くも今年5度目の札幌ドームだ(^-^;)
でも目的は野球ではなく、既報通り「B'zライブ」に参戦するため。
B'zライブには、ここ7年で4回目の参戦。結構行ってるなぁ・・・

過去3回の参戦のうち、2回が札幌ドームで開催されたもの。
自分が見た過去3度は、会場がデカイだけに、やることもデカかった。
トレーラーからステージ上に大量の空き缶をバラまいてみたり、
ステージ上でバイクスタントをやっちゃったりと、もうやりたい放題(笑)

そんなわけで、今回はどんなサプライズが見れるか、非常に楽しみです。

-------------------------------------------

ライブ参戦に向けて、自分の中に浮かんできた「小ネタ」それは・・・

「“INABA”のレプユニかTシャツでライブに参戦しちゃおう!」

というもの。「札幌ドームのINABA」つながりということで(笑)
でも、相方にその意向を示したら、

「一緒にいて恥ずかしいから、さすがにそれはやめなさい!」

と却下されたので、明日は

「自分と同じことを考え、実行しちゃった人が何名いるか」

をカウントしてきたいと思います(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【オールスター第1戦】野球はみんなの宝物、最高だぜツヨシの人生!

残業中に届いた携帯メールには「新庄のベルトが電光掲示板!」の文字が。
サプライズの一端を知ったのは、神宮で生観戦していた弟からのメールだった。

え?どういうこと?何が起きてるの?早く残業を終わらせて中継を見なきゃ!
急いで帰宅し、録画を再生した自分の目に飛び込んできたのは・・・

"FAN IS MY TREASURE"

・・・恥ずかしながら、単純に感動してしまった。この録画は消去できないなぁ。

【サンヨーオールスターゲーム第1戦】
●オールパシフィック 1-3 オールセントラル○

そのまま中継の録画に魅入ってしまったため、更新が日をまたいでしまった(^-^;)

今日の試合は「近年稀に見る、素晴らしい球宴」と評しても異論は無いだろう。
渾身の力を振り絞ってストレートを投げ込む投手に、フルスイングで応える打者。
苦楽を共にした「同級生」同士の対決。16年の「時」を超えて帰ってきたベテラン。
新庄だけではない。たくさんの選手が「宝物」であるファンのために溌剌と動いた。

正直、今週は「世間を騒がせたトラブル」に野球が絡んでしまったこともあり、
一野球ファンとして非常に「もやもやとした」心境のまま週末を迎えていたけれど、
そんなのも一気に吹き飛ばしてくれた選手の皆様には、本当に感謝したい。

最後に・・・

稀哲、そう来たか!(大爆笑)

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2006.07.20

【フレッシュオールスター】でもね君らは未来の担い手、慌てないで進んでいこう。

ヤングファイターズ3人衆には「ほろ苦い」晴れ舞台となってしまいました。
でも、2万人以上の大観衆の中でプレーできたのは良い経験になったでしょう。

【2006フレッシュオールスターゲーム】
●パシフィック・リーグ選抜 4-8 セントラル・リーグ選抜○

「スターになりたい・・・」という願いは「いつか必ず叶う!」って決め込んで、
悪いとこばっかり見付けないで、良いとこを一生懸命伸ばしていって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.18

【49勝40敗】「節目」「区切り」での勝負強さは偶然か、それとも本物か。

今シーズンは本拠地開幕戦、交流戦突入前の最終戦、交流戦の初戦・最終戦、
レギュラーシーズン再開の初戦、球宴前の最終戦のすべてを白星で飾っている。

せっかくなので球宴後の初戦も、シーズン最終戦も、プレーオフ初戦・最終戦も、
そして日本シリーズ初戦・最終戦も白星で・・・と、期待は勝手に膨らみます(笑)

【2006Season/Game89】
○北海道日本ハムファイターズ 5-4 オリックスバファローズ●

それだけ今日の試合を「勝って終われた」ことが嬉しくてなりません。よく粘りましたよ。
エース降板、3点ビハインドでも「諦めない姿勢」を見せた投手起用が功を奏しました。
5イニングを僅か1安打で零封した押本、久、岡島、MICHEAL、本当にお見事でした。

これに応えた賢介の一発、シビれた!中継終了直前に打つところが憎いねぇ(笑)
気づけば犠打数はリーグトップ、しかも「ここぞで勝負強い」んだから、何とも頼もしい。
残り47試合も調子を持続できるよう、球宴休みで心身ともにリフレッシュして下さい。

・・・6回の同点機で代打を出されたスタメンサードは、球宴休み返上で守備練習!
残り47試合で「打棒爆発」できるよう、ノックを浴びまくって体のキレを取り戻しなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2006.07.15

【48勝38敗】今シーズンの「博多防御率」は何と0.00!さあどこまで続く?

ここまでの福岡ドーム3試合では30イニング無失点で、しかも被安打は僅か8本。
「ホークスの攻撃力↓」と「ファイターズの投手力↑」が、こんなに如実に表れるとは。

【2006Season/Game86】
○北海道日本ハムファイターズ 3-0 福岡ソフトバンクホークス●

ダルビッシュ-武田久-岡島のリレーで、今日も見事に博多で「零封」達成です。
「眼前の敵」が擁する防御率1点台の大エース・斉藤を倒しての1勝、これは大きい。
せっかくなので明日も「ゼロ」を並べてもらい、ゲーム差も「ゼロ」にしちゃいましょう。

特に最近の岡島は素晴らしい!MICHAELとの「ダブルストッパー」と呼びたいくらい。
通算成績でも奪三振数がイニング数を上回っているし、与四球も思ったより少ない。
パの打者もまだカーブに慣れていないようだし、この調子で球宴後もどうぞよろしく。

ところでダルビッシュ、肩が痛いんじゃなかったの?無理してない?本当に大丈夫?
復帰後の快投ぶりには目を細めるばかりだけど、良すぎて逆に心配になっちゃうよ。

とにかく今日でダルビッシュの「球宴前までの勤務」は終了。浮き沈みはあったけど、
登板15試合、投球回数96.1、6勝5敗、防御率3.08は合格点ではないでしょうか。
おそらく次回は再来週の札幌ドームでしょうから、それまでゆっくり休養して下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2006.07.14

【ライブレポ2006】DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2006「THE LOVE ROCKS」

2006年ライブレポ2発目はドリカム札幌ライブ(6/17)です。
更新が遅くなってしまい、大変失礼いたしました・・・

DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2006「THE LOVE ROCKS」

ドリカムのライブは昨年の「帯広凱旋公演」以来2年連続2度目の参戦ですが、
前回は1,500人規模のホールライブだったので、アリーナライブは今回が初体験。
昨年のレポの通り、ドリカムのライブには非常に好印象を持っていましたので、
「大規模会場でのパフォーマンスはどんなものか」と、大いに期待しておりました。

・・・そりゃあもう期待通りでしたよ!

さすがはトップアーティスト、楽曲・演奏には全く文句の付けようがありません。
この良質な音楽が「ホールライブでは味わえない圧倒感」に乗って届けられ、
同時に「ホールライブのようなアットホームさ」も味わえる、何とも“お得”な3時間。

このアットホームさを味わえるのは、やはり「北海道ならでは」でしょう。
美和さんご本人も「生まれた場所で歌えるのは幸せ」と言っていましたし、
迎える観衆も「おかえりなさい」という共通の言葉で結ばれているように思えました。

で、ライブの最後には「来年はドリカムワンダーランド開催!」が発表されました。
これはアリーナツアー終了後に報道されているので、堂々と書いちゃいます(笑)

大々的に発表して煽っちゃったんだから、北海道でやらないってことは無いよなぁ。
前回('03年)はキロロリゾートで開催されたようだけど、前と同じではつまんないっしょ。

てことで、個人的な希望を申し上げると・・・「DCT garden IKEDA」も好評なことだし、 

ぜひ「美和さんの生誕地=北海道・十勝」で開催して頂きたい。

場所は「北愛国交流広場」でいかが?(「ワイン城」だとアクセス面でちょっとキツイ)
ま、もう場所は決まってるんでしょうけど、これでホントに十勝だったらスゴイな(笑)
地域への経済効果も期待できるし、実現したらこんなに嬉しいことはありません。

報道によると「ドリカムにかなえてほしい夢をファンから募集する」らしいので、
「地元・十勝で何かデカいことやって!」と応募してみるか(笑)

その前に、今年8月3日・4日には帯広でホールライブ2Daysが開催されるとのこと。
参戦される地元の皆様、思いっきり期待して下さい。自信を持ってオススメします(^-^)

最後に・・・今回は初めて「きたえーる」で行われたライブに参戦しましたが、
個人的な感想としては、なかなかよろしいかと。音響も問題ないし、アクセスもいいし。
「遠征する身」としては、真駒内アイスアリーナより行きやすくて助かりました(笑)

-------------------------------------------------------------

今週からホールツアーが始まったとのことで、演出面の詳細は割愛いたします。
(アリーナツアーとホールツアーの演出が同じかは分かりませんが、念のため)
札幌のセットリストは↓以降に掲載しますので、自己責任で反転してご覧下さい。

続きを読む "【ライブレポ2006】DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2006「THE LOVE ROCKS」 "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.11

[モブログ] 「2連休」のお知らせ

「ココログ」が数ヶ月間も続いている「激重」レスポンスを改善するため、
大規模メンテナンスを実施する関係上、この後14時から約48時間、
明後日の昼まで記事のUPやコメント・TBの受付ができなくなるとのこと。
(閲覧はできるようです)

というわけで、当ブログの更新はこの後から「2連休」となります。
いつもコメント・TBを頂いている皆様にはご迷惑をおかけしますが、
何卒ご了解下さいますよう、よろしくお願いいたします。

個人的には「ココログ」に愛着があるので改善を期待したいですが、
ダメなら「フリーへの転換」か「他ブログへの移転」を考えなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

【Fsファーム観戦レポ】北海道日本ハムファイターズvs読売ジャイアンツ(7月9日:帯広の森野球場)

既報通り、7月9日(日)に帯広で開催されたFsファーム戦を観戦いたしました。
というわけで早速「観戦フォトレポート」をお送りいたします。

まずは・・・カビー君のアップでご機嫌を伺うことにしますか(笑)

Caby_up

試合開始前、両チームの北海道出身選手に花束が贈呈されました。

01

特に地元・十勝出身の巨人・堀田には、ひときわ大きな拍手が。
帯広で巨人の“ファーム戦”が開催される時には、必ず見られる光景です(苦笑)
堀田よ、もう32歳なんだから、この時期に帯広に来てるようじゃダメだって!

Fs先発は江尻。つい2ヶ月前まで先発ローテーションの一角だったはずなのに、
まさか帯広でお会いするとは・・・ここで好投して、早く一軍に昇格して下さい。

Ejiri

と思ったら、初回は簡単に二死を取るも、そこから崩れて簡単に先制点を許す・・・

巨人の先発は北照高(小樽)出身のルーキー・加登脇。江尻より10歳以上若いし。
「高卒ルーキーには負けられん!」と思ったのか、糸井・川島の連打でチャンスメーク。

Itoi

1番・糸井は快足と「長い足」を生かし、平凡なゴロを内野安打にしてしまいます。
すっかり「野手」が板に付いている感じで、こないだまで投手だったとは思えません。

Kawashima_b

2番・川島は前日の釧路での猛打賞の勢いをそのままに、しぶとくセンター前へ。

3番・陽が四球を選び、二死満塁のチャンス!しかし4番・鵜久森は三振・・・
しかしこれでは終わりません。5番・小谷野が2点タイムリーを放ち逆転に成功!

Koyano

Fs側スタンドの「ワッショイ!」コールを背に、6番・尾崎が打席に向かう。

Ozaki

しかしこの打席中、どこから来たのかグラウンドに「黄色いインコ」が乱入!
すっかり心を乱された(?)尾崎はあえなく併殺に倒れて、この回は2点で終了。
その後も尾崎は良いところを見せられず4打数ノーヒット。春先の勢いはどこへやら。

Fsは2回裏にも相手のエラー絡みで1点を追加し、3-1とリードして迎えた3回表。
えじりん、先頭打者に出塁を許した後、バント処理を焦って無死一、二塁のピンチ。

Pinch

こうなっちゃったら踏ん張れないのは、Fsファンならよくご存じの通りで・・・
いとも簡単に3点を献上して、あっさり逆転を許してしまいます。ああ情けない(>_<)

結局、江尻は3回4失点で無念の降板。2番手として4回からは伊藤剛が登場します。

Ito_t

しかしこちらもピリッとせず、弾丸ライナーのツーランを浴びて痛い追加点を献上。
一方のFs打線はというと、3回以降は全く振るわず、凡打の山を見せられるばかり。

Yoh

3番・陽は初回の四球のみで、3打数ノーヒット。

Ugumori

4番・鵜久森は力みと大振りが目立ち、4打数ノーヒット。

Watanabe

7番・指名打者の渡部も「北海道に錦を飾る」ことができず、4打数ノーヒット。

Komai

8番・駒居はバントを1回決めただけで、2打数ノーヒット。江尻のせいだな(笑)
こんな感じで打線は繋がらず、もちろん得点シーンなど見れるはずもありません。

そんな中、同タイプの紺田と工藤は互いをライバル視してか、ともに1安打を放つ。

Konta_b

Konta_r

9番・ライトで先発出場の紺田。果敢に盗塁を試みるもバレバレすぎて余裕でアウト。

Kudoh

紺田に替わって途中出場の工藤。出塁するも残念ながら走る機会には恵まれず。

Caby_st

沈黙する打線に比例して沈黙するFs側スタンドに少しでも笑みをもたらそうと、
カビー君はファンサービスに精を出しておりました。苦労かけてすまんねぇ・・・

6回からは3番手として吉崎が登板。「あっち向いてホイ!」じゃなくなってるぞ。

Yoshizaki

打者5人を簡単に打ち取ったが、6人目の矢野に一発を浴びる・・・もったいない!
でも、ストライク先行の投球ができていたので、トーマスよりは使えるはず。

8回からは4番手として押本が登板。前日の試合では打ち込まれたようですが・・・

Oshimoto

この日は2イニングを四球1個のみに抑える好投。ストレートの走りは抜群でした。
好不調の波さえ無くなれば、上でも十分に使えそう。あとはメンタル面だけかな。

ライトスタンドから聞こえる「何でもいいから塁に出ろ!」コールも空しく、
最終回も簡単に二死を取られ、道東シリーズ2連敗目前の崖っぷちに追い込まれる。

Satoh

ここで代打・佐藤が登場。フォームは格好いいけど(笑)凡退でゲームセット・・・

●北海道日本ハムファイターズ 3-7 読売ジャイアンツ○

Gameset

「応援ありがとう」というよりは「ごめんなさい」といった感じだな(-_-;)

ま、相手打線は矢野・黒田・三浦・堀田・原俊介と「一軍経験者」揃いだったし、
野手に関しては「経験の差で負けた」感がありますね。将来性は間違いなくFsが上。

ここまで書き進めてきて「野手を褒める」のを忘れていることに気づきました(笑)
この日のFs野手陣、非常に素晴らしい守備を見せてくれましたのでご紹介しましょう。

Kawashima_f

何と言ってもセカンド・川島の野性的な守備!もう素晴らしすぎます。
小さい体を伸ばしてセカンドライナーをキャッチして併殺を完成させてみたり、
ファーストがファンブルして後逸した球を俊敏に捌いてセカンドゴロにしてみたり、
「魅せるセカンド」としての素質をアピールするには十分すぎるプレーを連発。

C_line

「川島-陽」の二遊間、何とも絵になります。

一方、川島に負けじと外野陣も猛アピール。「レフト・鵜久森のレーザービーム」と
「ライト・紺田のジャンピングキャッチ」が“江尻の不甲斐なさ”を見事にカバー。
センター・糸井も無難に守備機会をこなし「大型外野手の誕生」を予感させます。

結果はさておき、将来性あふれる「原石」を間近で見られた、大変貴重な時間でした。
次に彼らと会うのは「札幌ドーム」だと信じて、鎌ヶ谷に向けて熱い声援を送ります。

最後もカビー君で締めましょう。終了後も一生懸命ファンサービスしてくれました。

Caby_sg

道東シリーズのMVPはカビー君で決まり!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.07.09

[モブログ]Fsファーム戦in帯広

[モブログ]Fs<br />
 ファーム戦in<br />
 帯広

これから試合開始。先発は江尻…帯広で見ることになるとは(^-^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.07.08

Fsの未来は明るい!

連勝ストップ?だから何だっつーの!明日勝てばOKでしょ!
これだけ頑張ってくれたことに賛辞を送りましょうよ!
一歩一歩成長してくれてるFSが、今は誇らしくてなりません。
今後もいい感じで快進撃して、他を寄せ付けないところまで行ってもらいましょう!

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006.07.04

【43勝35敗】「20年ぶりの8連勝達成!」で、何と2週間も負け知らず。

8連勝は伝説の野球ゲーム「ファミスタ」が発売された1986年以来の快挙だとか。
当時は「フーズフーズ」でしたが(笑)今や我らが誇るべき「道民球団」です(^-^)

【2006Season/Game78】
○北海道日本ハムファイターズ 7-3 オリックスバファローズ●

土曜までは「投手の踏ん張りによる連勝」でしたが、日曜と今日は見事な援護ぶり。
1ヶ月前はあれだけ低迷していたチーム打率も、気づけば2割6分まであと一歩。
今日の「ホークス大量失点」でチーム防御率もトップに返り咲き、まさに盤石の状態。

先発の相次ぐ離脱にも負けず、むしろそれをバネに加速する一方のこの勢い、
続いてるうちに貯金を増やせるだけ増やして「セレブ」になっちゃいましょう(笑)

明日は42年ぶりの9連勝を達成すべく、こちらは「エース」の右腕に命運を託します。
ついに対戦することとなった平野の「勢い」に負けず、味のある投球を見せて下さい。
・・・ていうか「金村と平野って“顔の系統”が似てる」と思うのは自分だけ?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2006.07.01

[モブログ] なまら最高じゃけん!

[モブログ]<br />
 なまら最高じゃけん!

6連勝達成!今日は守り勝ちました。稲田プロ初ヒットおめでとう!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

[モブログ] マサル君、絶好調!

[モブログ]<br />
 マサル君、絶好調!

早く援護してやってくれ~!つーか木元のあのバッティングは何だよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »