« 【38勝35敗】「祝勝会」に参加したのは、お礼に「白星」を頂いて帰るためですよ。 | トップページ | 思い立ったが吉日。 »

2006.06.28

【ライブレポ2006】槇原敬之 CONCERT TOUR 2006「LIVE IN DOWNTOWN」

2006年ライブレポ1発目は槇原敬之[マッキー]帯広ライブ(6/15)です。

槇原敬之 CONCERT TOUR 2006「LIVE IN DOWNTOWN」

北海道の片田舎にある一介の地方都市に「著名アーティスト」がやってくる、
この極めて稀なチャンスを逃しては一生の不覚!(笑)というわけで、
既報通り頑張ってチケをGETし、残業もぶっちぎって参戦いたしました。

では、当日のセットリストに沿って、レポートを進めて参りましょう。

【第1部】
1:尼崎の夜空を見上げて
2:いつでも帰っておいで

第1部は「DOWNTOWN」にちなみ、下町をイメージしたステージセットと衣装。
マッキーは電気屋に扮し「頭にタオルを巻き、つなぎ服を纏う」いでたち。
サポートメンバーも酒屋や神父等々に扮する、見事なコスプレぶりでした。

マッキーが帯広でライブを開催するのは、何と13年ぶりなんだとか。
周囲を見渡すと、観衆の年齢層は「自分の少し下~やや上」といったところ。
座席を4連番で確保し、家族連れで来場している人たちも見受けられました。

当たり前だけど、アーティストと一緒に観衆も年齢を重ねているわけで・・・

「僕もトシ取りましたが、まだまだ頑張って、84歳まで歌います!」

とのことなので、我々も頑張って最低50年は生き延びてやりましょう(笑)

3:Gazer
4:遠く遠く~'06ヴァージョン

ここから3曲はカバーアルバム「Listen To The Music 2」からの選曲。

5:ファイト!
6:野に咲く花のように
7:ごはんができたよ

できた「ごはん」はこれでした(笑)

8:チキンライス

ここまでで開演から1時間強が経過。すると・・・

「以上で第1部は終了いたします。これより15分の休憩に入ります」

というアナウンスが。え??休憩ですか???
これまで参戦した中で「休憩時間」を公然と設けるライブは初体験だったので、
何とも不思議な感覚でしたね。結果的に見れば、これは「善し悪し」だな。

休憩時間中、スクリーンでは終始「グッズ買ってねムービー」が流れる。
自分はヒネくれ者なので、変に宣伝されると逆に買わないタイプです(笑)

【第2部】
9:月の石

第2部はアルバムのジャケットをプリントした衣装で登場。
「ジャケットをジャケットにした」んだそうです(笑)

10:親指を隠さずに
11:ほんの少しだけ feat. KURO from HOME MADE 家族

ライブでは全編を通じ「その曲が生まれた背景」「その曲に込めた思い」等を丁寧に
説明していたのが印象的でした・・・が、その結果「MC」のボリュームが激増!
休憩時間を挟んだこともあり、この時点で既に開演から2時間近くが経過。
斜め前にいた家族連れの10歳くらいの女の子、思いっきり飽きてました(笑)

12:店じまい
13:Naked
14:ゥンチャカ
15:スポンジ

ライブ後半はアップナンバーと「観衆参加型」ソングが続きます。
自分もスクリーンの「振付ナビ」に従い、頑張って腕を振り上げてました(^-^;)

16:ココロノコンパス
17:星の光

ここまでで本編終了。ご覧の通り、いわゆる「ヒット曲」はほとんどミックスされず、
「アルバムの世界観に沿ったコンセプトライブ」のスタイルで進んでいきました。
それはそれで良かったけど、自分を含め「初参戦」の人がほとんどだと思うし
「せっかくだからヒット曲をもう少し盛り込んで頂ければ・・・」というのが本音かな。

【encore】
1:明けない夜が来ることはない
2:五つの文字

新曲「五つの文字」に込められたメッセージは

「アタリマエじゃなくてアリガトウの気持ちを持とう」

というもの。以前に書いた自分の心境と通じるものがあり、深く共感しました。

最後は老若男女の誰もが知っているこの「国民的ソング」で大団円。
すっかり飽きちゃって眠そうだった女の子も、さすがに起きました(笑)

3:世界に一つだけの花

今回のライブを一言でまとめると・・・

クオリティが高くて良いライブだったけど、3時間半は長過ぎる!

楽曲もメッセージも素晴らしかったので「さすがはマッキー」と言いたいところだけど、
公演時間が長過ぎたせいで「冗漫な印象」を覚えてしまったのが、何とも残念。
ファンサイトを見ると、これが「マッキーライブのデフォルト」みたいですけどね。

とはいえ「さすがは15年間、第一線で活躍しているだけある」ライブでしたので
また帯広に来てくれたら頑張ってチケGETして、ぜひ参戦したいと思っております。
(札幌まで観に行くかと言われれば・・・「うーん?」かな。)

次回はドリカム札幌ライブ(6/17)のレポをお送りする予定です(^-^)しばしお待ちを。

|

« 【38勝35敗】「祝勝会」に参加したのは、お礼に「白星」を頂いて帰るためですよ。 | トップページ | 思い立ったが吉日。 »

コメント

確かに長かったですね。
途中の休憩あってよかったと思う、
一緒に行ったおかんにとっては(笑)
12列めのステージにむかって右の端に
居たんですけど、スピーカーのせいで
神父さんが見えなかったー!!

投稿: たなっち | 2006.06.16 19:42

12列目の右だったんですか!
うちは13列目の右の通路側だったから、実はめっちゃ近かったんだねー。
もっとちゃんと探せば良かったよ(^-^;)

投稿: HIT | 2006.06.19 19:33

たぶん、飽きてた10歳くらいの女の子は
ワタシの前の席に居た子だと思われます。
マッキーをあの年代は聴かないだろうし(笑)

投稿: たなっち | 2006.06.30 19:57

あの年代が聴く音楽って何だろ?KAT-TUNとか関ジャニ∞とかかな。
きっと大人になったら「マッキーの良さ」も分かってくれることでしょう。
何たってマッキーは84歳まで歌うらしいし(笑)

投稿: HIT | 2006.07.03 18:14

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/10547785

この記事へのトラックバック一覧です: 【ライブレポ2006】槇原敬之 CONCERT TOUR 2006「LIVE IN DOWNTOWN」:

« 【38勝35敗】「祝勝会」に参加したのは、お礼に「白星」を頂いて帰るためですよ。 | トップページ | 思い立ったが吉日。 »