« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

【29勝25敗】「魔の水曜日」から逃れる方法を、誰か彼らに教えてあげてよ。

みんな水曜日は大嫌いだよね。だって良いこと無いんだもん。どうしてなのかな?
今日はやっと喜べると思ったのに、結局は「いつもの水曜日」になっちゃったし・・・

【2006Season/Game54】
●北海道日本ハムファイターズ 4-11 読売ジャイアンツ○

これで「水曜日は5連敗」ですよ。下記の通り、他の曜日は勝ち越せているのに。

火曜:5勝4敗 ●●○○●○●○○  
水曜:2勝7敗 ●○●○●●●●●  
木曜:5勝3敗 ●○●●○○○○    
金曜:5勝3敗 ○●○●○○○●    
土曜:6勝4敗 ○○●○●○○○●● 
日曜:6勝4敗 ○○●○○●○●●○ 

ダルビッシュの3勝も「水曜以外」だし、何か変な巡り合わせでもあるんだろうか?
考えてみたら、交流戦の残り試合の「水曜の相手」は強い強い阪神とヤクルトだorz

気を取り直して・・・明日は4連勝中の木曜日、大船に乗った気持ちでいましょう(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2006.05.30

【28勝24敗】肌寒い日曜、降り注ぐ雨粒、イッツ・ア・クレージー・デー。

監督自ら「クレージーなゲーム」と呼んだ“現場”に居合わせてしまいました。
わずか数十分の間にあれだけの「ミス」が凝縮されるなんて、まさに想定外。
自軍も相手も審判も、フィールドの出演者全員で「コント」を見せて下さるとは、
雨の中を往復360kmも運転して、旭川まで行って本当に良かったです(笑)

【2006Season/Game52】
○北海道日本ハムファイターズ 3-2 東京ヤクルトスワローズ●

Result

--------------------------------------------------------

では簡単にフォトレポートを。1塁側内野B指定席の最上列からの撮影なので、
大した写真ではないですが、雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。

Stadium

本日の球場はこちら。2シーズンぶりの旭川開催ですが、あいにくの雨・・・
午前中の雨脚の強さを思うと、その後9回まで試合ができたのは奇跡的。

R_stand

傘の花が咲く1塁側・ライト側スタンド。主催試合だけど今日はこっちが陣地。

F_girl

雨の中でも元気に踊るファイターズガールの皆様。ただでさえ寒かったのに、
ずっと半袖とミニスカートでは大変だったでしょう。体調は大丈夫でしょうか?

K_ace

先発はエース金村。連敗阻止と前回登板の汚名返上を目指した結果は・・・
「一応の仕事はしたけど、本人的には不完全燃焼」といったところでしょうか。
ま、7回途中で8安打も浴びては、球数が少なくても途中交代は仕方ないな。

Guts

ガッツ、フルスイングでセンター前ヒット!でも、他の3打席はすべて三振・・・
とはいえ「粘りに粘った」末の結果だったので、さすがはタダでは転びません。
不振の中堅よ、この「生きたお手本」を間近で見られるんだから、しっかり学べ!

Shinjo

この試合の4番はSHINJOさん。一応「不勝神話」は止まったみたいです(笑)

Inaba

守備に就く稲葉。やっぱり彼がライトにいると「収まりがいい」ですね。
打つ方は4タコながらもタイミングは合っていたので、今後も期待できそう。

Bb_hug

試合中盤、1塁側スタンドにやって来たB☆B。オバちゃんとHugしてます(笑)

そんなこんなで試合は進み、皆様ご承知のドタバタ劇の末に迎えた最終回・・・

Mcl

「ボス、長イ抗議ハ要ラナイゼ。オレガ抑エルカラ、ベンチデ待ッテナ!」
と言ったかどうかは知りませんが(笑)最後はMICHEALがきっちり抑えてFs勝利!

Interview

ヒーローインタビューは武田久。第一声は「僕がヒーローですみません」(笑)

Thanks

いえいえ、アナタがいなけりゃ今のFsは成り立ちません。いつもありがとう、久!

--------------------------------------------------------

この勝利で、今シーズンの観戦成績は「3戦3勝の勝率10割」となりました!
昨シーズンが4連敗を含む2勝5敗だったので、早くもそれを上回りましたよ。
いつまで続くか、このバカツキぶり!次も勝ったら、今年の運は本物だな(笑)
ちなみに次回は6/18(日)の広島戦(札幌ドーム)を観戦予定。さぁどうなる?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.05.28

[モブログ] 旭川初勝利!

[モブログ]<br />
 旭川初勝利!

勝ちを想定した号外の原稿が陽の目を見たようです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

[モブログ] in旭川スタルヒン球場

[モブログ]in<br />
 旭川スタルヒン球場

5回終了2-1でファイターズリード。雨は降ったり止んだりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.27

[モブログ] 連敗っすか(>_<)

やっぱり相手が悪かったか…でも4点で済んでるのは好調投手陣のおかげなのかな。
前記事の通り、明日は旭川で観戦予定です。天気が心配なところですが、何とか持ってほしい!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006.05.26

「20000」ゲッターさん、手を挙げて!

当ブログにカウンターを設置して約1年半になろうとしていますが、
お陰様でようやく「20000アクセス」を達成するところまでやって来ました。

早ければ本日中にも?と予想しておりますので・・・


「20000」ゲッターさん、手を挙げて!


GETされた方は、よろしければぜひコメントして下さい(^-^)

・・・自爆しないように気をつけなきゃ(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【27勝22敗】約2週間の長旅を「勝って帰る」と「負けて帰る」では大違い。

長期ロードの収支が「トントン」で済むか「赤字」で終わるかの重要な試合で大活躍し、
移動の機内で気分良く休める状況を作ってくれたのは「黄金左腕と四番打者」でした。
これで八木君は「5月4勝」をマークし、月間MVPは確実。早くグッズ作ろうぜ(笑)

【2006Season/Game49】
○北海道日本ハムファイターズ 5-2 読売ジャイアンツ●

昨日は9回裏しか中継を見れませんでしたが、公式サイトの試合経過を見ると、
盗塁死が2回あったようですね。グローバーをナメたら阿部に返り討ちに遭ったの?
ま、技術面・戦術面で問題はあるのでしょうが「走らなかった」昨季よりはマシかな。
個人的にはこのまま「稀哲-賢介」の1・2番コンビを育成・確立してほしいものです。

今日からは交流戦トップのスワローズが相手ですか。とっても不安でたまらんわ。
「ウチとやる頃には調子が落ちてるだろう」と思ったけど、全然そんなことないし。
しかも昨日は「最高の勝ち方」を収め、さらに上昇気流に乗ってしまった感が・・・

この難敵に対するFsの先発は、おそらく「3枚の右腕(橋本・江尻・金村)」でしょう。
コワイコワイ外国人右打者トリオを上手~くかわして、やる気を削いで下さい。
・・・真っ向勝負したら思いっきり痛い目に遭いそうだし(^-^;)とにかく冷静に丁寧に!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.05.24

【26勝22敗】今夜は雷様におへそを取られないよう、じっとしてたんですか?

今日の仕事場は屋根が付いてたから、みんなのおへそは取られなくて済んだけど、
おへそよりも大事な白星は、いとも簡単に取られちゃったね。それで良かったの?

【2006Season/Game48】
●北海道日本ハムファイターズ 1-4 読売ジャイアンツ○

いやー、今日は何も書くことないっすね(笑)文句を言う気にもなれない完敗ですよ。
また八木君に重たいものを背負わせる結果になっちゃったし。いつもすまないねぇ。
何とか「長期ロードを5割」で帰ってきてほしいので、苦労かけるけど明日はよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2006.05.23

【26勝21敗】全国の野球ファンの目に「ファイターズ」はどう映ったのやら。

「ファイターズ勝利!」の瞬間を全国に届ける千載一遇のチャンスが消えたのは、
サードゴロを捌けず、スンちゃんに内野安打をプレゼントした「彼」の責任です。

全国の野球ファンの皆様、Fsには勝利目前でこんなプレーをする選手がいるんです。
順位の割に中身は大変だってことがお分かり頂けたと思いますが、いかがでしょう?

【2006Season/Game47】
○北海道日本ハムファイターズ 5-3 読売ジャイアンツ●

20時頃に帰宅して6回表から中継を見てましたが、その後は点が入らなかったので、
「塁上を賑わすけど点には繋がらない」いつもの彼らの姿しか目にしておりません。
「大技小技とポテンヒットで5得点!」って、本当に起きた出来事ですか?(笑)

むしろ、粘りに粘ってタイムリーを放った小久保の「凄さ」の方が、印象としては強烈。
こういう選手に引っ張られているチームは首位にいて当然だし、やはり手強いですよ。
余程気を引き締めて臨まないと、週末の広島の「二の舞」になってもおかしくないぞ。

てか日テレさんよぉ・・・うちのクリーンアップに「S・O・S」なんて名付けないでよ。
チームの得点能力がなかなか上がらなくて助けてほしいのはこっちの方ですから!

・・・およそ勝ちゲームの記事とは思えない仕上がりとなってしまいました(^-^;)

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2006.05.22

【25勝21敗】エースなのにあのピッチングじゃ、なまらかっこわるいっしょ。

同じ北海道内でも、自分の住む地域で「なまら」という方言はほとんど使いません。
もちろん自分も発することはないですが、今回は敢えて使わせて頂きました。

【2006Season/Game46】
●北海道日本ハムファイターズ 2-6 広島東洋カープ○

負け試合について長々と書くのは疲れるので、言いたいことはタイトルに集約(笑)

これで46試合消化か・・・って、まだシーズンの3分の1しか終わってないのね。
ファイターズはもちろん、このブログも残り4ヶ月「持つ」のかどうか心配です(^-^;)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.05.20

【25勝20敗】雨の中では溌剌、太陽の下では沈黙・・・ってカエルかよ!

30年程昔「がんばれ!レッドビッキーズ」という子供向けの野球ドラマがありました。
「弱いチームが優勝する」ストーリー、リアルの世界でも叶えてもらえないでしょうか。

【2006Season/Game44】
○北海道日本ハムファイターズ 6-0 広島東洋カープ●

【2006Season/Game45】
●北海道日本ハムファイターズ 3-5 広島東洋カープ○

昨夜相手に投げ付けた「一挙4点」の爆弾を、今日は思いっきり投げ返されました。
相手が投げ返してきた爆弾の方が「派手」だったのが、ちょっと悔しいかも(笑)

昨日にしても今日にしても、互いの「大黒柱」が出る試合は予想通りになりますね。
これで「明日の試合を取るか落とすか」が、かなり重要なポイントになってきました。

明日の先発は順当に行けば金村でしょうが、木曜の先発が飛んだ橋本を起用し、
金村を火曜日の巨人戦(東京ドーム)に回してもよいのではないでしょうか。
「橋本中継ぎ」という報道もありましたが、やっぱり彼は先発で育てたいですし、
(ダルのスライドの件もあるし、中継ぎ報道が「煙幕」のような気もしないでもない)
何よりも「全国中継もあってイヤでも力の入る巨人戦は、ウチの大黒柱に任せたい」
という気持ちが強いです。何たって金村は東京ドームのマウンドにも慣れているし。

・・・こうして先発を予想できるのも、交流戦の楽しみの一つですね(^-^)

いずれにしても、明日勝つためにはやはり「打線の奮起」が必要不可欠。
今日も点の取り方は格好良くなかったけど「黒田から3点取った」のは事実だから、
これを自信にして、明日も「一球一球」を大事に攻撃を展開してほしいものです。

向こうの先発はダグラスですかね。イメージ的にはパウエル(現巨人)っぽい?
だとしたら打ちにくいのかなぁ・・・明日もケンスケに頑張ってもらうか(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2006.05.18

【24勝19敗】悩める少年は「野球の聖地」でようやく笑顔を取り戻した。

憧れて、躍って、そして泣いた、あの「聖地」の中心に、少年は再び舞い降りた。
いつもは「聖地の主人」に降り注ぐエネルギーも、今夜は少年に味方したようだ。
そして少年は、1ヶ月半も忘れていた「笑顔」をようやく取り戻し、再び駆け出していく。

【2006Season/Game43】
○北海道日本ハムファイターズ 4-1 阪神タイガース●

ダルビッシュのスライド登板には驚いたけど、良い方向に転んで、まずはひと安心。
そして今日も「ツル」が羽ばたいた!いま一番頼りになるのは間違いなく彼だな。
ラジオ中継で言ってた「フレッシュオールスターMVPブレイク説」は本当かも。

途中出場のケンスケは、ヒットを打って、ゲッツー決めて、おまけに牽制死!
試合に半分しか出ていないにもかかわらず、これだけのエンターテイナーぶり・・・
ふと「後継者」という言葉が頭をよぎったのは、おそらくワタシだけでしょうね(笑)

と、こんな風に若い選手が活躍しているのは、見ていて非常に清々しいものです。
今日は「お休み」の稀哲を含め、そう遠くない「未来」が少し楽しみになってきました。

締めはやっぱりこれだよなぁ・・・


すーごーいー!!\(◎o◎)/


「賛否両論」とか難しいこと考えるのは、もはやナンセンスだな。単純に面白すぎ!

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2006.05.17

「INABA」が札幌ドームにやってくる!

「来週末に長期ロードから帰ってくるんでしょ?」
と思ったアナタ!ファイターズがお好きですね?ぜひ仲良くしましょう(笑)

今回のネタは、その「INABA」じゃなくて・・・

060517_bz

この「INABA」です!

先行予約でGETしたB'z札幌ドームライブのチケットが、先日到着しました。
今年の「LIVE-GYM」はどんな感じになるのか、今から楽しみです(^-^)

つーか、同じイベンターの先行予約でB'zより3ヶ月も前にGETしたはずの
マッキーのチケットがまだ到着しないぞ。どういう順序で処理してるんだろ?

ちなみに明日はMISIA岩見沢ライブの先行予約にチャレンジする予定。
これがGETできた場合の「今後のライブ参戦予定」は以下の通り。

6/15(木)槇原敬之(帯広市民文化ホール)
6/17(土)ドリカム(札幌きたえーる)
7/23(日)B'z(札幌ドーム)
[仮] 8/5(土)MISIA(岩見沢キタオン)

・・・行き過ぎだね、まったく(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【23勝19敗】交流戦期間中「火曜は残業」することになったんですか?

「遅くまで残業したのに、終了寸前でミスして全部がパー」という感じの試合。
勤務時間内に売上(得点)できず、しかもミスまで犯した「野手部」には困ったもんだ。
「投手部」は開店以来の好成績で「利益確保」に大貢献しているというのに・・・

【2006Season/Game42】
●北海道日本ハムファイターズ 2-3x 阪神タイガース○

昨日は結果しかチェックできなかったので試合の詳細や流れは分からないが、
↑のスコアに刻まれている「遊失」という文字には、視覚的に「強い不快感」を覚える。
(Fsブロガーの皆様の記事によると「いただけない」エラーだったようですね)
全員が束になっても4回に1回すら打てない上に、守備でもミスするようでは・・・

「連日の接戦続きで、しかもペナントレースは大混戦」という状況の中では、
些細な「ほころび」が引き金になって、一気に沈下する危険性も大きいのだから、
「野手部」には、より一層の「冷静さ」「丁寧さ」そして「集中力」を求めたい。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006.05.14

【23勝18敗】あわてない、あわてない。ひと休み、ひと休み。

「金城は昨日、名前に『勝ち』が入った『十勝ワイン』飲みましたからねぇ」

ラジオ中継の解説・盛田氏の発したコメントに感じた一抹の不安が的中した(>_<)
金城はその打席で凡退したけど、結局「勝ち」は横浜に転がってしまいました・・・

【2006Season/Game41】
●北海道日本ハムファイターズ 3-4 横浜ベイスターズ○

当ブログは「十勝ワイン」の産地から約30kmの至近距離より発信していますので、
「相手に呑まれる」結果になってしまったことに、少々罪悪感を感じております(^-^;)

今日は「ひと休み」しましたが、本拠地6連戦で4勝2敗という十分の好成績。
去年の交流戦で12勝しかできなかったチームが、もう4勝もしちゃってますよ。

それならば、この先のシーズンも「たくさん勝てる」ようにゲンを担いでもらいましょう。
ファイターズの皆様、試合前夜にはぜひ「十勝ワイン」を飲んで下さい!

・・・飲み過ぎにはくれぐれもご注意を(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (9)

【23勝17敗】「飛翔するツル」の勇姿はやっぱり北の大地によく映えます。

薩摩の国から北の大地に渡ってきた「ツル」が、見事なまでに羽ばたきました。
この勇姿こそ、まさにファイターズ快進撃の「象徴」です。

【2006Season/Game40】
○北海道日本ハムファイターズ 3-1 横浜ベイスターズ●

昨日は勝利を聴き届けた(地上波中継終了→ラジオでチェック)後に外出したので、
翌日の記事更新となってしまいました・・・もう少しで今日の試合が始まっちゃう!

速報性も乏しくなってしまったので、今日はスポーツ紙をピックアップしましょうかね。
・・・「手抜きだろ!」ってのは重々認識してますので、敢えて指摘しないでね(笑)

nikkansports.com(北海道)
「日本ハム4年目の鶴岡がプロ1号決勝弾」

SANSPO.SOM
「日本ハム・鶴岡が殊勲の一発!プロ入り初アーチが決勝弾」

Sponichi Annex
「千金弾“鶴岡の恩返し”始まる」

スポーツ報知
「鶴岡、苦労実った!プロ1号がV弾…日本ハム3連勝首位キープ」

ご覧の通り、この広い広いWebの世界に「ツル」が無数に飛び交ってます!
これを機に、一人でも多くのファンが「鶴岡」という名前を覚えてくれるといいなぁ。

各紙の内容で特に注目したいのは日刊スポーツの記事。
今季はやはり「バッテリー間のコミュニケーション」が充実しているようですね。
驚異のチーム防御率「2.98」を生み出せる理由は、この点にあるのでしょう。

見事なまでにチームを支えている「捕手三人衆」に、ニックネームを付けるとしたら・・・
「Nakajima」「Takahashi」「Tsuruoka」「NTT」でしょうか。うわー単純だ(^-^;)
でも「コミュニケーションの充実」というキーワードには合ってるかも。いかがでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

次回観戦は「オープンエア」の予定

旭川で開催される交流戦(vsスワローズ)のチケットが先程到着しました。
Fs側内野A指定席は既に完売だったので、B指定席での観戦となります。

060513_133025

うーん、チケには「球場の駐車場は使えません」って書いてあるなぁ・・・
うちの街から旭川まで180kmもあるから、車でしか行けないんですけど(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.12

【22勝17敗】「頂上」の所有権を一日で譲る気はさらさらありません。

「首位をがっちりキープ!」たまらんねぇこのフレーズ!一度は書いてみたかった!
眼下の2チームも勝利して「一日天下」の危険性もあった中、よくぞ勝ってくれました。

【2006Season/Game39】
○北海道日本ハムファイターズ 4-1 横浜ベイスターズ●

今日も「優秀な彼」が満点回答を出しました。プロ初「無四球完投勝利」おめでとう!
これで堂々のチーム勝ち頭&奪三振トップ。しかも防御率は驚異の「1.94」ですよ。
彼の活躍を見る度に野手陣はつくづく思うんだろうね・・・「味方で良かった」と。

そして「問題の彼」がやっと仕事をしました。もしかして昨日のブログ見られた?(笑)
昨日「まるでダメ」だったにもかかわらず、今日も「頭」から使ってもらえたんだから、
これで結果を出さなきゃ本当に「降格」だったところを、何とか踏みとどまりました。
・・・つーか、ここまでギリギリに追い込まれるまで奮起してくれないのかよ!

とにもかくにも、今日の勝利で「勢い」に乗っていけそうな雰囲気も漂ってきました。
明日の先発が予想される江尻には、先週の汚名を返上する活躍を期待しましょう。
去年の5月の第二土曜日、横浜相手に達成した「プロ初完封」の再現を願う!

| | コメント (3) | トラックバック (13)

2006.05.11

【21勝17敗】ようやく辿り着いた「一番高いところ」の居心地はどうだい?

タクシーの運ちゃんもラジオを聞いてて気が気じゃない(byガンちゃん)緊迫の場面、
結果が欲しくて欲しくてたまらないはずの「悩める大砲」は冷静さを失っていなかった。

彼が自分の「眼」を信じて選んだ扉は「一番高いところ」へ行く道に通じていた。
2000日以上の長い年月を超え、北の大地の勇者たちは扉の向こうを踏みしめる-。

【2006Season/Game38】
○北海道日本ハムファイターズ 4x-3 中日ドラゴンズ●

・・・なんかもうヒネったことなんか書けないって!ストレートに叫んじゃうよ!


ゆ、夢にまで見た単独首位だぁぁぁ!!


あーめっちゃ気持ちいい(笑)まだ先は長いけど、今日は浸ってもいいっしょ(^-^)

3戦連続の延長戦による疲労が心配だけど(特にお立ち台に上ったリリーフ3人衆)、
「明日も札幌」というアドバンテージを生かし、上手く乗り切って頂きたいものです。

そんな「歴史的」な一日でしたが、乗り切れない選手が1名いたようですな。
同点で迎えた緊迫の終盤(8回表)に、イージーゴロをエラーするようでは・・・
ガンちゃんもラジオで激怒してたけど、そりゃ何を言われても反論の余地なし。
打つ方でも相変わらずの「三振三昧」では、代打を出されても仕方ないって。

単独首位に立った今だからこそ、勝って兜の緒を締めなければなりません。
セの球場での戦いに備えて「ブルペンの増員」という話も出ているようだし、
ここは厳しく「彼」を一度降格させ、太陽の下で根性を磨き直してもらいましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2006.05.10

【20勝17敗】引き返しちゃいけないよね、なら息絶えるまで駆けてみよう!

「6連勝」も「単独首位」も、僕らの指先をほんの僅かに掠めて、どっかに逃げてった。
無情にもキャッチャーミットに入ることを許されなかった、あの白球のように。

【2006Season/Game37】
●北海道日本ハムファイターズ 3-4 中日ドラゴンズ○

非常に惜しい敗戦でしたが、終わったことをほじくり返しても疲れちゃうだけ。
上位2チームも負けたんだし「離されないでラッキーだった」と前向きに考えましょう。

最近は仕事の忙しさも一服し、いつもより早く帰ってこれるようになりまして・・・
今夜は本日発売のミスチルのライブDVDを流しながら、ラジオに聞き入っていました。

ちょうど5ヶ月前、札幌ドームのアリーナ席で大好きなミスチルを堪能したんだよなぁ。
そして今日、札幌ドームのグラウンドでは大好きなファイターズが戦ってるんだよなぁ。

「どちらも僕に『この上ない潤い』を与えてくれる、なんて素晴らしい人間たちだろう!」
そんなことを考えながら、ようやく訪れた「春の夜長」をゆっくりと過ごしておりました。

希望の数だけ失望は増える それでも明日に胸は震える
どんなことが起こるんだろう 想像してみるんだよ

今日打てなくったって、今日打たれたって、今日失敗したって、明日は必ずやってくる。
今日も最後まで頑張ったんだから、明日は「きっといいことある」って想像してみよう!

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006.05.09

【20勝16敗】本日ヒットを放った4選手の合計年齢は何と!142歳なんです。

「33歳→34歳→37歳→38歳」による怒涛のシングル4連打で劇的なサヨナラ勝ち!
平均年齢35.5歳のベテラン4人が醸し出す「勝利の美酒」は、まさに格別の味。

【2006Season/Game36】
○北海道日本ハムファイターズ 3x-2 中日ドラゴンズ●

幸雄さん、中嶋さん、本当に「いい仕事」しますねぇ。人生のお手本とさせて頂きます。
また、同世代の稲葉・SHINJOの活躍には、いつも勇気を与えられます。感謝感謝!

今夜は北海道の地上波でも中継されてましたが、サヨナラのシーン寸前で終了orz
でも、20:30に帰宅してから約1時間、息詰まる熱戦を楽しませてもらいました。
10回表無死一・二塁のピンチで内野陣が見せたバント処理(ゲッツー)はシビれた!
ガッツの4三振はあのプレーで帳消しにしてもいいかな・・・ってさすがに甘い?(笑)

難攻不落の川上でしたが、そんな時はこっちも落ちずに踏ん張るしかないわけで。
再三のピンチを耐えて耐えて耐え抜いて、ようやく手中に収めた珠玉の一勝です(^-^)
せっかく勢いの出る勝ち方ができたんだから、この「交流戦スタートの本拠地6連戦」は
次週の「西日本ロード」に備えて、最低でも4勝2敗で乗り切ってほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (13)

2006.05.07

「新しい相棒」がやって来ました

PC暦7年目にして、ようやく「2台目」を購入しました。
HDD6GB(!)のWin98で丸7年耐えたけど、さすがにもう限界・・・

てことで思い切って買い換えたら、HDDが一気に66.7倍になりました(笑)
そして、今更ながら「PCでテレビが見れる!」ことに超感動しております(笑)

いやー、久々にデカイ買い物しちゃったなぁ・・・自動車税払えないかも(-_-;;;)
でも「ニューPC」「HDD+DVDレコーダー」「地デジ対応TV」をまとめて買ったと思えば、
それなりの出費は仕方ないところでしょう。よーし!最低10年は使うぞ~(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【19勝16敗】叩かれても叩かれても膝を付かなきゃ何とかなるもんです。

3試合で32安打を浴びながらも3タテできちゃうんだから、勝てる時はこんなもんか。
野球の神様が「投手陣のここまでの行いの良さ」に対してご褒美をくれたのかな。

【2006Season/Game33】
○北海道日本ハムファイターズ 4-3 東北楽天ゴールデンイーグルス●

【2006Season/Game34】
○北海道日本ハムファイターズ 6-4 東北楽天ゴールデンイーグルス●

【2006Season/Game35】
○北海道日本ハムファイターズ 7-4 東北楽天ゴールデンイーグルス●

交流戦を前に「好材料」と「不安材料」が色々と入り混じった楽天3連戦でしたが、
とりあえずは「4連勝」「貯金3」「首位と1.5ゲーム差の3位」という結果を喜びましょう。
「悪いなりにも勝ちを拾えた」ことを自信として、交流戦に臨んでほしいものです。

その交流戦、昨年は本当に酷い「悪夢」を見せられましたね。もうなんかトラウマ(笑)
昨年は「投高打低」で沈んだファイターズですが、同じ過ちを繰り返さないためには
やはり「繋ぎの野球」に徹し、貪欲に「1点」を追い求めていかなければなりません。
そのためには今日のように「一発のある選手を外す」という試合も増えるでしょう。
幸いにしてチームも「三振三昧」から少しずつ脱却しているようですし(一部を除く)、
今年の交流戦は、やっと芽生えてきた「粘り」を定着させる場にしてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2006.05.05

【16勝16敗】「こどもの日」を前にこれ以上格好悪い姿は見せられません!

スタンドではたくさんの子供たちが「やきゅうせんしゅ」のプレーを見守っていました。
グラウンドではキッズクラブの子供たち100人が「YMCA」を元気に踊ってくれました。

「こんな日にまで負けるわけにはいかない」という選手たちの強い意志は、
ベンチから100m以上離れたレフトスタンドまで、はっきりと伝わってきましたよ。
「連敗脱出」「5割復帰」の貴重な勝利をみんなに与えてくれて、本当にありがとう!

【2006Season/Game32】
○北海道日本ハムファイターズ 4-1 西武ライオンズ●

060504

先日の八木に続き、この日は「先発・橋本」の投球を初めて生で見れたのですが、
さすがは大学・社会人と経験を積んでいるだけあって、大変落ち着いたものでした。
八木と同様に「ストライクを取れる」コントロールを持っているのが、その理由でしょう。
「確実に計算できる投手」に成長する可能性を持った投手が、また一人登場です。

一方、打撃陣はというと・・・何とビックリ!6安打で4点も取れちゃいました(笑)
チャンスで結果を残すためには「小笠原レベルの精神力が必要」ということでしょう。
また、昨日はガッツ以外にもベテランが見せる「勝利への意識」が際立っていました。
金子のツーベース(6回)、SHINJOの犠打(7回)、幸雄さんのセンター返し(7回)・・・
若手・中堅はこの「生きたお手本」から日々学んで下さいよ。特に木元君と信二君は。

これでファイターズはGW期間中の本拠地6試合を2勝4敗で終えたわけですが、
ラッキーなことに、その「2勝」をピンポイントで生観戦してしまいました。
昨シーズン観戦成績2勝5敗の自分には考えられない「大当たり」でございます。

昨日はtomoさんにお導きを頂き、初めてレフトスタンドで観戦することができました。
道民として、Fsファンとして、あの空間で勝利を味わえたのが嬉しくてなりません。
「北海道にプロ野球チームがあることの幸福さ」を再認識した、そんな一日でした。
ご一緒に観戦してくれたtomoさん、ありがとうございました!今後ともよろしく~(^-^)

「札幌日帰り往復400kmドライブ」は、三十路男の体力を劇的なまでに奪いました・・・
というわけで「一日遅れの観戦レポUP」となりましたことをご了承下さいませm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2006.05.04

[モブログ] 連敗脱出です(^-^)

[モブログ]<br />
 連敗脱出です(^-^)

ガッツ3打点の活躍でファイターズ勝利!橋本2勝目おめでとう(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.05.03

【15勝16敗】ファイターズには「休みは休む」タイプの人が多いようです。

・・・11月になったらイヤと言うほど休めるんだから、今働かないでどーするの!

【2006Season/Game30】
●北海道日本ハムファイターズ 3-9 西武ライオンズ○

【2006Season/Game31】
●北海道日本ハムファイターズ 1-6 西武ライオンズ○

昨夜と今日の昼間は外出していたので、中継を見ることはできませんでした。
なので細かい試合経過も分かりませんし、今更分かろうとも思いません。
「3連敗で借金生活に突入」という事実を受け入れるだけで精一杯でございます。

これでGW中(4/28~5/4)の本拠地での成績は「1勝4敗」か・・・困ったもんだ。
しかも、ここまでの本拠地での通算成績も「5勝8敗」というのは、ちょっと酷いね。
「地元で勝てないチーム」が優勝できるわけないし、何よりファンに愛されないよ。
「超満員プロジェクト」なんて考える前に、実力で客を呼べる努力をして下さい。

明日は「GW2勝目」「4連敗阻止」を後押しすべく、またもドームに馳せ参じます。
貴方達の「意地」を信じて必死で応援しますから、絶対に勝利を掴んで下さい。

さ、明日は早くに出発しなきゃなんないから、早いとこ風呂に入って寝よっと。

| | コメント (2) | トラックバック (14)

2006.05.01

【15勝14敗】「若き左腕の躍動」が北の大地に「潤い」を与えてくれた。

八木智哉が北の大地に初めて「勝利」を刻んだ試合に立ち会うことができた。
2006年4月29日に味わったこの喜びと感動を、絶対に忘れることはないだろう。

【2006Season/Game28】
○北海道日本ハムファイターズ 4-2 福岡ソフトバンクホークス●

0429_result

八木の投球を実際に見たのはもちろん初めてだが、最も印象に残ったのは
ホークスの打者をことごとく「ファウルで詰まらせている」ことだった。
これはまさに「球の出所が見にくく、しかも手元で伸びている」証明と言える。

「ファウルでストライクを稼く」ことができれば投球は自ずと楽になるだろうから、
凡打の山を築けるのも頷ける。また、苦しい場面を乗り切れる確率も高くなる。

峠を越えて往復400kmを走ってでも、やはり「現場」には行くべきだ。

八木が好投を続けられる「理由」を、こんなにも明確に認識できたのだから。
そして彼が秘める「無限の可能性」を、こんなにも強く感じられたのだから。

-----------------------------------------------

負けた試合には詳しく触れません・・・(-_-;)

【2006Season/Game27】
●北海道日本ハムファイターズ 1-3 福岡ソフトバンクホークス○

【2006Season/Game29】
●北海道日本ハムファイターズ 0-2 福岡ソフトバンクホークス○

いつの間にか先発陣も整備されてきて、チーム防御率は向上するばかり。
しかし、チーム打率は劇的なまでの反比例・・・打撃陣の状態がどうこうよりも、
ここまで来ると「投打の信頼関係」が修復不可能にならないか非常に心配です。

・・・「心配かけるチームほど、この目で見守りたくなる」のがファン心理でしょうか。
前にも書きましたが、せっかくのGWなので4日(木)もドームに行こうと思います。
ファイターズの勝利を信じ、自分は「ガソリン高騰」に耐える所存であります!(笑)

-----------------------------------------------

最後に・・・今回の生観戦における「もう一つの目的」のお写真を。

Wbc

まさに「WBCの感動ふたたび」です。やっぱり野球は楽しく、そして素晴らしい!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »