« 北の大地も「WBC」で熱く燃えました | トップページ | 【1勝0敗】ファイターズ開幕戦「初」勝利! »

2006.03.23

ファイターズ、3年目の「正直」に向かって・・・

WBCにかまけてファイターズの話題がおろそかになってる・・・
ように見えるけど、ちゃ~んとチェックしてますよ。
明後日はいよいよ「2006年パシフィック・リーグ開幕」です。
世界一の余韻を胸に、日本の野球も盛り上げていきましょう!

さて、我らが北海道日本ハムファイターズでありますが・・・
オープン戦の状態はこれまでのチームカラーとは正反対の“超”投高打低でしたね。
それでも勝ち越して終了したんだから、やはり野球はディフェンスですよ。

これを支えたのは、何と言っても盤石のリリーフ陣。
特に「マイケル&トーマス」「ダブル武田」の堅調ぶりは特筆もの。
開幕後も好成績を残すようなら、何か良いニックネームをつけてあげませんか?
さしずめマイケル&トーマスは「オージーズ(Aussies)」とか・・・安直だ(苦笑)

先発陣は故障持ちばかりだから、開幕時は変則の「8人ローテ」のようですね。
金村、江尻、ダルビッシュ、リー、ディアス、鎌倉、八木、須永・・・

「1人7勝すれば、8人で56勝もできるっしょ!」
「リリーフが20勝稼いでくれれば、合計76勝でいいとこ行くんじゃねぇの?」

と思ったのは自分だけ?過去には「10勝投手無しで優勝」した例もあるし、
今年のファイターズに関しては、こっちを目指す方が賢明で現実的かもよ。

攻撃陣は・・・どうしてこんなにオープン戦で点が取れなかったんだか。
「個々の能力は低くないのに、持てる力をフルに発揮できない」という印象。
「スモール・ペースボール」への転換で戸惑っているのか、単に脆いのか・・・
「世界一」という経験を積んでさらに大きくなったホークスとマリーンズの選手に、
こんなんで立ち向かっていけるのか、正直言って非常に不安です。
やっぱり今年もガッツとSHINJO頼みなのか・・・中堅クラスよ、もっと頑張れ!

打線のキーマンはやはり「1番・マシーアス」
オープン戦序盤は「おっ!」と思ったけど、終盤は「うーん・・・」って感じで、
イケるのかダメなのか、どうにも判断できないまま開幕を迎えてしまいました。
彼がきちんと働くのか、それともア○○○テの二の舞で終わるのか、
これが今年のチーム成績を大きく左右すると言っても過言ではないでしょう。
まずは開幕2連戦で「お手並み拝見」といったところですね。第一打席に注目!

開幕一軍メンバーも出揃ったので、明後日のスタメンを予想してみましょうか。
「楽天の開幕投手は右?左?」「木元は初日お休み」に「個人的希望」を加えて・・・

1 サード J.マシーアス
2 レフト 小谷野 栄一
3 ファースト 小笠原 道大
4 DH F.セギノール
5 ライト 稲葉 篤紀
6 センター SHINJO
7 キャッチャー 高橋 信二
8 セカンド 川島 慶三
9 ショート 金子 誠
P ピッチャー 金村 暁

「楽天の開幕投手は左の有銘」と予想し、右打者中心で組んでみました。
右の一場や朝井が開幕投手なら、坪井・小田・田中賢介の登場でしょう。
川島を入れたのは「新風を吹き込んでほしい」という意味での「希望」だけど、
本当にスタメンに名を連ねる可能性は、十二分にあると思います。
ガッツのポジションについて、WBC期間中はずっとファーストだったので、
疲労も考慮した上で、当面はファースト(またはDH)で起用するべきだと考えます。

と、こんな風にオーダーを予想できる季節が、いよいよやって来ました。
今年はWBCのおかげで例年より1ヶ月早く「野球」を楽しめましたが、
北海道の野球ファンが去年より1ヶ月長く「野球」を楽しめるかどうかは、
ひとえに「ファイターズの頑張り」に懸かっています。どうか健闘を祈る!

|

« 北の大地も「WBC」で熱く燃えました | トップページ | 【1勝0敗】ファイターズ開幕戦「初」勝利! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/9221643

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ、3年目の「正直」に向かって・・・:

« 北の大地も「WBC」で熱く燃えました | トップページ | 【1勝0敗】ファイターズ開幕戦「初」勝利! »