« 「スーパー“B・B”ブラザーズ」誕生! | トップページ | リダイヤルの鬼Part2 ~肩透かし~ »

2006.02.16

time capsule ~タイムカプセル~

自分が小学6年生の頃に書いた日記が、実家から出てきた。
そういえば、当時の担任が毎日書かせていたっけ。

下手な字と文章で、読み返すと恥ずかしいやら格好悪いやら。
他愛のない内容ばかりで、担任のコメントもなかなか手厳しい。
だけど非常に懐かしくて、忘れていた思い出が次々に甦ってくる。

「今思えば、悪くない少年時代だったな」と思いながら読み進めていくと、
22年後の今、こうして自分がブログを書く「原点」のような日記を見つけた。

-----------------------------------------------

11月28日(水)雪時々くもり

「日記の良い点、利用法」

書くことがないときは、こんなことを考えるのもいいと思う。
日記を書けば、なんでも続けるくせがつく。
それから、作文(文章)を書く力がつくこと。
それから、いつの日にどんなことがあったかを覚えられるし、
日付、天気なども調べられる。
日記の利用法とはどんなのだろう。こんなのだと僕は思う。
何十年かたったあと、自分の小学校時代はどんなものだったか、
どんなことがあったかなどをなつかしく思える。
書くことがないときは自分の考えを書いたり、
俳句や詩、短歌などを書いてもいいと思う。
こんな利用法もいいだろう。
日記はかかさずつけようと思う。いろいろと良い点が見つかるのだから。

-----------------------------------------------

ノートに手書きで日記を書いていた「11歳の自分」が、
キーボードを叩いてブログを書いている「今日33歳になった自分」に、
22年の時を超えて、こう伝えている。

「燦々と陽光が降り注ぐ時も、散々な出来事に遭遇した時も、
自らの歩んだ道を、自らの心に生まれた感情を、自らの言葉で刻み込め」

これからも歩み続ける長い道程に落ちているであろう「無数の困難」も、
「揺れ動く思い」も、そして「小さな幸福」も、しっかりと言葉で紡ぎ、残していこう。
22年前の自分に向けて、そして22年後の自分に向けて。

|

« 「スーパー“B・B”ブラザーズ」誕生! | トップページ | リダイヤルの鬼Part2 ~肩透かし~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/8695985

この記事へのトラックバック一覧です: time capsule ~タイムカプセル~:

« 「スーパー“B・B”ブラザーズ」誕生! | トップページ | リダイヤルの鬼Part2 ~肩透かし~ »