« 右手は何のためにある? | トップページ | 550万世帯が「テスト」に釘付け »

2004.10.11

大変面白うございました

パ・リーグプレーオフ2ndステージのラストゲーム、非常に面白い試合でございました。18時~22時過ぎまでの4時間あまり、テレビの前を離れることができませんでしたよ。

西武ライオンズ、優勝おめでとうございます。プレーオフ全8試合・2週間も緊張状態に置かれながら、それに潰されることなく栄誉を勝ち得たことに拍手を送ります。そして福岡ダイエーホークス、素晴らしい粘りを見せてくれてありがとうございます。

正直言えば「レギュラーシーズン2位のチームが優勝」という結果には微妙な感じを抱かずにはいられないのですが、プレーオフ全体を通じて非常に楽しませてもらったので「今年はこれでいいかな」といったところでしょうか。

ただ・・・プレーオフは来年も開催されるようですが、やはりアグリーメントは再考すべきでしょう(そういう方向のようですが)。レギュラーシーズン1位にはゲーム差に関係なく1勝分のアドバンテージを与えてもいいと思うし、2位・3位チームも一定の成績(せめて5勝以上の勝ち越しとか)を残せなければ「出場資格無し」としてもいいと思います。

いずれにしても「ダラダラと消化試合をされるよりも全然良かった」ということだけは間違いないですね。「やろうと思えば9月中に全試合を消化できる」というのが証明されたわけだし、セ・リーグも来季以降の日程編成にぜひ生かしてほしいものです。

さて、いよいよ今週末からは日本シリーズが始まります。図らずも「新人監督同士」の対決となりました。勢いは西武と思うけど、中日の方が落ち着いて構えてるような気がするな。どっちに軍配があがるのやら・・・いずれにしても、プレーオフ以上の熱戦となることを期待しましょう!

|

« 右手は何のためにある? | トップページ | 550万世帯が「テスト」に釘付け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/1654805

この記事へのトラックバック一覧です: 大変面白うございました:

« 右手は何のためにある? | トップページ | 550万世帯が「テスト」に釘付け »