« ふらりと | トップページ | リンゴ受難再び・・・ »

2004.09.07

たとえ少数派だとしても

私は「プロ野球選手会によるストライキ」に反対します。

プロ野球選手の皆様、プレーを見せずして、何がスポーツ選手ですか。

野球ができる、野球を生業とできる喜びを、本当に噛みしめているのですか。

ファンは選手のスーツ姿ではなく、ユニフォーム姿を見ていたいのです。

だから、プレーを通じて、ファンに「野球の素晴らしさ」を伝え続けて下さい。

そして、プレーを続けることで、経営者に「野球の素晴らしさ」を訴えて下さい。

9月11日に、ユニフォーム姿の皆様がフィールドに立っていることを期待しています。

|

« ふらりと | トップページ | リンゴ受難再び・・・ »

コメント

はじめまして、しょういちと申します。

「野球ができる、野球を生業とする喜び」が奪われようとしているから、選手会はストという手段に打って出たのですが。選手にとっては苦渋の決断だったと思います。そこのところを理解して頂ければと思います。選手のユニフォーム姿が見たい気持ちはファンなら誰だって同じなんです。なのに、スト支持が半数以上を占めている。プロ野球にとってどのような事態だかわかりますか?

投稿: しょういち | 2004.09.08 01:33

でもそのくらい強行手段にでないと、きちんと話し合ってもらえないからっていうことなんでしょう。
だれだってストなんかやりたくないとは思うけど、やらないですむほうがいいと思ってると思うんだけど。
オーナー達のコメントの態度を見ていると、腹が立つことが多いけど、それは仕方のないことなのかな。
もっと庶民の、ファンのことを考えたコメントって出来ないモンでしょうか。
・・・とはいっても、私はあまり野球は分かりませんが・・・

投稿: かみ | 2004.09.08 23:45

しょうへいさん初めまして。コメントありがとうございました。

この問題については、本記事を投稿した後もできるだけ各種報道やネットで様々な記事・情報・意見を自らの中に取り入れるようにし、その上で色々と考えてみましたが、この2日間で自分の意見が「スト反対→賛成」に変わるまでには至りませんでした。

本来ならその理由を本blogにてご説明すべきなのですが、考えがあまりに膨大となってしまい、すぐには文章を構成できません。また、それのみに注力するだけの時間的余裕がありませんので、恐縮ですが今日は省略させて頂きます。今後できるだけ少しずつ本blogに書き残していければ・・・とは思ってますので、宜しくご容赦下さい。

こういう時に「直接話して“野球談義”ができればいいな」って思うんですよね・・・

お互いに野球が好きだからこそ様々な意見を持っており、時にはそれが相反することもあるでしょう。でも「より素晴らしい野球界を築きたい」という気持ちは共通していると思いますので、活発な意見交換を通じて野球界の発展を願い続けていきたいものです。今後ともご意見・ご教授下さいますよう宜しくお願いします。

なお、私が本blogに野球について投稿した記事がありますので、そちらもご覧下さい。自分でも改めて読み直しましたが、認識不足の点を多少修正した以外は、投稿当時(2ヶ月前)と現在の考え方は大きく変わってないです。スト反対だからと言って経営者のやり方に賛成なんてしてないし、システムの根本的改善が当然必要であると考えていることはご理解下さい。
http://northward.cocolog-nifty.com/the_northward_impressions/2004/07/post_4.html

投稿: HIT | 2004.09.09 22:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/1380984

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ少数派だとしても:

» バファローズ・ブルーウェーブ合併反対集会@日比谷野音 [東京の空の下]
日比谷野音に行ってきました。 国会議員さんやスポーツジャーナリスト、元選手、タ [続きを読む]

受信: 2004.09.08 01:35

« ふらりと | トップページ | リンゴ受難再び・・・ »