« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.28

blogオープン満6ヶ月

早くも本blog開設から半年が経過しました。毎度ご愛顧どうもです。

てことでバックナンバー少し読み返してみたけど・・・
まー色んなこと書いてるねぇ(笑)自分で恥ずかしくなったさ。
趣味ネタは野球とミスチルばっかりだし、それ以外は凹んでばっかりだし(汗)
今後も大きくは変わらないと思うけど、懲りずにご覧頂ければ幸いです。

で、半年経って思うこと・・・「blog使いこなしてねーなぁ」
せっかく色んな機能があるのに、単に書くだけにしか使ってませんでした。

トラックパックも、つい最近になってようやく少しずつ理解しはじめた(恥)
なので、この半年間もちろんトラックバックしたこともありません。
野球ネタ書いた時にトラックバックされたことはあるけど、
理解してなかったので触れずに流しておりました。大変申し訳ないです・・・

というわけで今後の目標は「トラックバックを使えるようになる」です!
・・・blog歴半年のユーザーが立てる目標じゃないよなぁ。反省。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.24

ファイターズの盛り上がりとともに

本blogの更新頻度も飛躍的に向上しております(笑)
今月の「野球ネタへの偏り」は大目に見て下さいm(_ _)m。

・・・だって野球好きなんだからしょうがないじゃん!
こちとら物心ついた時から、もう25年も見てるんじゃ。
球団を持ちたがってる同じ30代の「しゃちょーさん」2人より、
よっぽど球史に詳しいっちゅーねん!・・・なんてな(笑)

あ、仙台に球団できるのは大賛成です。
東北は自分の故郷みたいなもんなので、ぜひ球団できてほしいっす。

でも「仙台の奪い合い」っていう構図は、なんかやな感じ。
「昔の友達が困惑しているのを見せられてる」そんな思いですよ。

・・・本当に仙台(東北)でやりたいなら、協力すりゃいいっしょ(暴論)
両方とも「商圏としての魅力」を第一に動いてるのは一緒なんだし。

若かろうが年食ってようが、新しかろうが古かろうが、
所詮「経営者」であることは同じ。救世主でも何でもないと思う。
ファンも選手も歓迎するだけじゃなく、一層「監視」を強めるべき。
「同じ轍を踏まない」ために、ストまでやったんでしょうから。

あと、宮城県知事にも一言・・・「企業を頼ってばかりいるな!」
東北6県で協力して「みちのく野球振興公社」でも設立して、
「おらが地域のチーム」を持とうという気概くらい見せて下さい。

他にも野球について思うことは数多くあるけど、本題に入ります(笑)

いやー今日は勝って良かった(^-^)

一応は“暫定”だけど「おめでとう」と言っちゃいましょう!
チームの看板3投手のリレーは、まさに黄金でした。
新庄の「レーザービーム」も出たし、みんなよく頑張りました。

代替試合が無ければ、横山の救援投手タイトルも確定!
同じく代替試合が無ければ、セギ様のホームラン王も確定!
(どっちもホークスの選手と分け合うことになりますが)
こちらも“暫定”だけど「おめでとう」と言っちゃいましょう!

それにしても・・・代替試合、どうなるんだろ。
パはやらない方向みたいだけど、セは意見が分かれてるとか。

プレーオフがあるからパはやらないと思うけど・・・
まぁ、やったらやったで札幌ドームでの開催になるわけだし、
また4万人以上で「甲子園状態」にして、2連勝すりゃいいさ。

日本シリーズ見に行きたい・・・気が早い!早すぎる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.23

十勝の中心で、勝利を祈る

ファイターズ、対ホークス最終戦に臨む。
勝てば暫定プレーオフマジック「1」消滅!

そんな本日14:00~17:50までのワタクシの心境変化。
もちろんテレビの前から離れませんでした(^-^;)

F 5-0 H (喜!行け行け~)
F 5-1 H (大したことないない)
F 6-1 H (新庄様サイコー!)
F 6-3 H (なーんかやな感じ)
F 6-6 H (・・・・・・・・・・・・)

ここでテレビ中継終了のため、ラジオ中継にチェンジ。

結局・・・

F 6-7x H (泣・・・・・・・・・・・・・・・)

楽勝ムードが一転どん底に・・・うーん、痛すぎる。
明日のブルーウェーブ戦が大一番になってしまったぞ・・・

「明日は絶対に勝って下さい!勝って下さい!」

と、今日から心の中で“セカチュー風”に叫ぶことにします(笑)

・・・冗談抜きで明日は勝って下さい、マジで。頑張ってくれ~!

-----------------------------------------------------

敗戦のショックを引きずったまま、晩メシ食いながらテレビを見る。

そこで思ったこと・・・

「問題が解けなくて困っている小倉優子が、やたらめんこい」

敗戦のショックがちょっと癒された気がした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.22

What's your name?

北海道で仕事をするようになって5年半になるが、
未だに納得できないことがある。それは・・・

こっちの人って、仕事の電話をかけてくる時に

「自分の所属と名前を言う前に“○○さんいますか?”と言うことが多い」

ってこと!先に「名乗る」のが普通、ていうか当然だと思うのだが。
東北で仕事してる時は、そういうのはあまり無かったけどな。

北海道はそういうこと気にしないでやってきた土地なのか?
それが「良し」とされている地域なのか?

20~30代の人には少ないと思うけどね。問題は40代以上。
地位や役職は分かるけど、だったら尚更ちゃんとやろうよ。

まぁそういう電話が入った時には、こっちも絶対に

「どちら様でしょうか???」

と強い口調で返してしまう。たとえ誰か推測できたとしても(性格悪い?)。
言葉の頭に「失礼ですが・・・」とか付けることも少ないなぁ。

だって・・・そっちが名乗らんのが、まずもって失礼なんじゃ!
すみません「ひねくれ社会人」で(笑)

先にきちんと名乗ってくれれば、こっちも敢えて聞く必要が無くなるし、
お互い「二度手間」が無くなっていいと思うんだけど。

「北海道大好き人間」の自分ではありますが、
この点だけは「どーにかしてくれないかな」と日々思っております。

・・・実はこのネタ、数年前から温めてました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.21

HERO

時は22時20分頃だっただろうか?
風呂から上がり、ネットでファイターズ戦の試合経過を見たら、
9回裏に同点に追いついて、しかもサヨナラのチャンス!

急いでラジオをつけたら・・・「凄いことが起きました!」
そして、程なく流れてきたSHINJOのヒーローインタビュー。
「満塁サヨナラの場面、何を考えてましたか?」の問いに・・・

「ヒーローになりたい!ヒーローになりたい!」

と連呼。それを聞いてミスチルファンの自分は、
瞬時に名曲「HERO」の歌詞を頭に思い浮かべていた。

自分にとって、今回のストライキは
「野球」をフルコースで深く味わうために用意された、
苦くて渋いスパイスなのかもしれない。

野球のない週末は正直「残酷に過ぎる時間」だったけど、
それが「十分に大人(=質の良いファン)になるためのものだった」
と思える日が、いつか来るのかもしれない。

スト自体には今も賛同はしてないけれど、
野球を見れなかった悲しさや切なさを引きずることなく、
これからも“野球を見れること”が繰り返されていくよう、
ささやかながら一ファンとして願い続けることにしよう。

2004年9月20日にSHINJOがくれた“最後のデザート”は
レフトスタンドに飛び込んだ「史上最高のシングルヒット!」
笑って美味しく食べさせて頂きました。ありがとう、SHINJO!

------------------------------------------------------------

「野球はSHINJO、音楽は櫻井和寿」

自分にとって現在の“HERO”は、間違いなくこの2人です。
今年もこれまで「つまずいたり、転んだり」することが多かったけど、
この2人が発する有形無形のメッセージに、何度手を差し伸べてもらったことか。

その意味でも、今年この2人を生で見れたのは、まさに至福でした。
チャンスがあればまた来年も、生でHEROに会いたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.20

Usual Life

昨日はゴルフコンペの準備+ラウンドで日中のほとんどを費やし、
夜は外食+5時間カラオケで夜中まで熱唱(笑)

ゴルフは・・・自分のレベル的にはこんなもんかな、っていうスコア。
もうちょっと上手くなりたいな、とは思うようになってきましたね。

カラオケは・・・いつもの通り(笑)もう15年くらいスタイル変わんねーな。
基本的には自己満足ですから、気持ちよく歌えればそれで良し。

歌いまくりの余波で、今日は昼まで爆睡。
起きてメシ食った後は、昨晩ビデオに録っておいた
「僕と彼女と彼女の生きる道SP(総集編)」を見る。

一回見てるのに、同じ場面でまた泣けた。何度も泣けた(^-^;)
やっぱいいねぇ、このドラマは。何だか子供欲しくなるよ(笑)
・・・その前に相手見つけろよ!って感じですが(爆)

ドラマ見終わって、ちょっと外出。そして帰宅後にテレビつけたら、
日曜昼の定番・ゴルフ中継なんぞやってたので、何気に眺めてた。
最近の若手女性ゴルファーってルックスいいよな、とか思いながら(笑)

その後、洗濯や食器洗いをして、風呂に入り、晩メシ食べて、
PCに向かいながらビールを4缶ほど体内に流し込んで、現在に至る。

別にプロ野球が見れなくても、それなりの休日は過ごせているわけで。
単に「普通の生活の中に“プロ野球”ってもんがあっただけ」ってことで、
不意にそれが無くなったからといって、何かが大きく変わるわけじゃない。
なんかそれが分かってしまった気もした、プロ野球の消えた週末でした。

でも明日はやっぱりナイター中継を見て過ごそうかな。
小難しいこと考えないで、純粋に野球そのものを楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.12

正直、行きたかった・・・

SANSPO.COM「ミスチル、ホットにライブ…ボーカル桜井は恋愛観披露」

それにしても6万5000人って凄いな。しかも2日間で13万人!
チケ代が7000円のはずだから・・・入場料収入が2日間で約9億円!

うーむ、Mr.Children恐るべし。

実は一時、本気でこの横浜公演に行っちゃおうかと考えてました。
6月の札幌ライブが最高で「もう1回見たい!」ってテンション上がってたし、
会場のキャパも大きいからチケも何とかなると思ったし(現に当日券もあったそうで)。

現実的に考えれば横浜までの交通費・宿泊費を出す余裕は無く、
(早割とかパックで行ったって5万以上はかかるしねぇ・・・)断念しましたが、
ファンサイトでセットリストを見たところ、どうやら札幌ライブの内容に
あの曲も!あの曲も!あの曲も!追加されてたらしいので、
「やっぱり行きゃあ良かったかな・・・」なんて思ったりしました(笑)

今はライブDVDが発売されるのを首を長くして待つばかりです。
遅まきながらDVDプレーヤーも買ったしね(^-^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

とりあえず

今週末のプロ野球ストライキ回避を喜ばしく思います。来週・再来週の公式戦も、プレーオフも日本シリーズも、予定通り開催して頂きたいと願います。

さて・・・過去ログの通り、現在のところ私の意見は「スト反対」で不変です。理由はいくつもありますが、全部は書けないので一部のみ示します。

まず、私の基本意見として「現在のプロ野球選手の年俸=収入水準は(全ての選手ではないが)その労働の質及び成果に見合わない」ことを主張します。これについては個々の見方が違うと思うので、逆に「あれだけのプレーをしてるんだから、あのくらい貰ってもいい」と思う方もいるでしょう。年俸が高いか安いかについては、何らかの共通認識の上に立った評価基準は存在せず、人それぞれの価値判断によるものだと思いますので、あくまでも私は「貰い過ぎ」という見方に立った上で以降の文章を進めていくことをご了解下さい。

球団経営の逼迫と、その結果としての球団合併は、その球団の経営手法の甘さ及び企業努力の乏しさとともに、チームの成績(勝利数・順位)や魅力あるプレーを顧客・消費者に提供できず、結果として観客動員の増加を為しえなかった・・・いや、維持すらできず、減少まで招いた選手(野球という特殊技能を職業とする者、職業として選択した者)にも責任があると考えます。直接的・間接的に「客を呼べない」にもかかわらず、年俸は高水準を要求する(しかもそれが叶う)この浮世離れした構造、何とかならないものでしょうか?

日本プロ野球選手会では、大阪近鉄・オリックス合併問題に際し、選手の年俸高騰への対応については以下のように決議されています。

●選手の年俸高騰への対応として、米国メジャーリーグで取り入れられている、ぜいたく税(Luxury Tax)の導入、高額年俸選手についての減額制限の緩和なども積極的に検討していくこと(選手会はベストな改革のためには、年俸引き下げなど、選手側が痛みを伴うことも必要と考えます)。[引用:日本プロ野球選手会公式HP]

私が引っかかるのは、選手の年俸高騰への対応が「積極的な検討」という姿勢のみにとどまっている点、さらには「痛みを伴う」のではなくて「痛みを伴うこと“も必要と考える”」としている点です。本来ならば、選手会が求めた(求めている)「経営者側の無法行動(合併の進め方等)の是正」「球界の構造改革(ドラフト改正や収益分配構造等)」と並行して「選手自身による人件費・収入水準の抜本的改革」についても踏み込んだ議論や行動が為されるべきだと考えます。選手会は課徴金制度や減額制限緩和の“導入”については譲歩したようですし、それについては評価します。しかし、その“内容”についてもう一歩踏み込もうという姿勢が見えません。プロ野球選手の皆様(特に1億以上の高年俸を獲得している約70名)、現在の年俸がカットされるようなことになっても、野球を生業とできる喜びを感じ、野球をすることで生活していきたいとお考えですか?本当に痛みを伴う覚悟がありますか?

「選手年俸の総額が何億を超えたら課徴金制度の対象となるのでしょう?」
「減額制限は何%まで緩和しようとしているのでしょう?」
「サラリーキャップ制度は考えていないのですか?」
「現在の年俸を自主的にカットするようなお考えは無いのでしょうか?」
「ドラフト改革(完全ウェーバー制)の議論の中に“現行の契約金制度の改正”は盛り込まれていますか?(私は現行の契約金額も高騰しすぎていると考えています)」

ファンの後押しを受けてストを進めようとしている選手の皆様、上記の質問がファンから出された場合、どのように回答しますか?少なくとも私は、最初の3点については「これから積極的に検討します」という回答では納得しませんよ。穿った見方ではありますが「ドラフト改正や収益分配構造の確立を引き出した後で、自身の収入の問題について上手いこと触れよう」などと考えていませんか?球界の危機は様々な問題が複合してしまった結果です。何本もの縺れた糸は同時に切ったり解いたりしなければならないのですから、年俸高騰問題に対する選手の皆様の更なる歩み寄り・踏み込みに期待します。

昨日~今日になって、ストの影響を被る方々の声がようやく報じられるようになってきました。世論がスト賛成の風潮に進み、スト実施が死活問題(収入減等、生活に直結する)となる方々の切実な願いを発することができない状況になっていた感じがして、非常に残念でなりません。球界の健全化に向けての先を見据えた議論は絶対に必要ですが、選手会・スト賛成派ファンには、現在起こりうる影響を考慮する視点を持ち合わせて頂けたらと考えます。

日本プロ野球選手会が「122万人の合併反対署名」と「世論の約70%(あくまでも各種調査の発表数値から私自身が判断しました)がスト賛成」という状況を盾に行動されているのは充分承知しています。しかし、それが「残り約30%のスト反対派の声」を真摯に受け止め、納得できる回答及び対応を行った上での行動であるようには見えません。仮に「賛成70%=122万人」とするならば「反対30%=約52万人」という見方もできるのではないでしょうか。選手会がファンと共に行動して頂けるのならば、52万人という膨大な人数の声もしっかり聞き入れて下さい(注:賛成:反対=70%:30%には「分からない」「無回答」「保留」を除きました)。

最後に・・・経営者と選手会の交渉において、新規参入の障壁と考えられている参加料制度の改正が合意されました。これは大きな進展だと考えます。しかし、選手が現在の収入水準を維持しようとすれば、また仮に減額するにしても、その内容が現実性に乏しいものであれば、収入水準の高さが逆に新たな参入障壁となる危険性は否定できないのではないでしょうか。「年間約20億円(=日本プロ野球選手会調べによる平成16年度大阪近鉄バファローズ支配下選手年俸合計)もの人件費が必要なら、球団経営になんて参入しない」と企業・自治体が判断したなら、選手会が望む「12球団維持」が叶えられない可能性も生じてきます。そうなれば、経営者と選手会の立場は劇的に逆転しかねません。そうなる前に(→経営者につつかれる前に)年俸高騰への対応について本気で検討した方が良いと考えます。

短い時間で文章を構成したため、整合性に乏しい部分も多々あるかと存じます。何らかの方法にて本blogに辿り着き、お忙しい中で本記事を閲覧頂きました皆様には予めお詫び申し上げます。また、コメントを頂いても即時に返信できない場合がありますのでご容赦下さい。また、この件については、意見交換をスタートさせる段階でファン個々が「選手をどう見ているか」によって考え方の基準が変わるものだと思うので、“どちらか一方の意見に向かわせる”ような議論や手法は不毛だと思っています。私もファンの立場として「より素晴らしい野球界を築きたい」という思いで本記事を書いたのであって、「賛成派を反対派にしよう」なんて微塵も思ってませんので、その点を何卒ご了解下さい。

これだけ時間かけて書くと、さすがに眠くなった・・・日付も変わっちゃったし、もう寝ます。では、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.09

リンゴ受難再び・・・

Web東奥・台風18号のリンゴ被害面積75%超

まずは、台風の被害に遭われたすべての皆様にお見舞い申し上げます。

帯広・・・というか自分の周囲は特に大きな影響はなかったけど、
同じ北海道の日本海側の被害を報道で見ると、非常に心が痛みます。

今日、仕事関係で札幌から出張して来た人と話したけど、
「窓の外の木が根元から折れていった」「自宅が夜9時まで停電だった」
と聞いて、その凄まじさを改めて感じてしまいました。

そして、もう一つ心が痛むのは・・・
学生時代を過ごした青森・津軽地方でリンゴ落下被害が起きてしまったこと。

13年前の巨大台風による壊滅的被害を目の当たりにしているだけに、
(当時大学1年でした)再び大被害が起きてしまい、非常に残念でなりません。

あの時の光景は、13年経った今でも鮮明に覚えています。

部屋の窓から見えるのは、無数に舞う「リンゴの実に被せていた袋」と、
無力に漂う「銀色の落下防止シート」、そして根元から倒れるリンゴの木・・・
台風が過ぎた後に外に出て畑を見に行ったけど、唖然とする以外に無かった。

いつもの年なら収穫期には「リンゴ摘み」のバイトがあるのに、
その年は「リンゴ拾い」のバイトになってしまっていた。
でも農家の人は泣き言も出さず、努めて明るく仕事をしていたっけ。
その時はバイト代を頂くのが心苦しかったな・・・

今の自分には直接的に何もしてあげられませんが、元・青森県民として、
被害の幅がこれ以上拡大しないことを心から祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

たとえ少数派だとしても

私は「プロ野球選手会によるストライキ」に反対します。

プロ野球選手の皆様、プレーを見せずして、何がスポーツ選手ですか。

野球ができる、野球を生業とできる喜びを、本当に噛みしめているのですか。

ファンは選手のスーツ姿ではなく、ユニフォーム姿を見ていたいのです。

だから、プレーを通じて、ファンに「野球の素晴らしさ」を伝え続けて下さい。

そして、プレーを続けることで、経営者に「野球の素晴らしさ」を訴えて下さい。

9月11日に、ユニフォーム姿の皆様がフィールドに立っていることを期待しています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.09.04

ふらりと

札幌ドーム!
sh0069.jpg

--------------------------------------------------------
画像↑は現地から送信しました。
帰宅後PCでチェックしたけど、これじゃ雰囲気しか分からんね(笑)
30万画素の携帯(SH251is)では、もはや役不足か・・・

で、ここから詳細を追記いたします。

本日ついに念願の「札幌ドームでのファイターズ戦」を見に行きました!

・・・「ふらりと」行ける距離ではないんですけどね(汗)
でも今回もお得意の「帯広~札幌日帰り」でございました。

「今日見に行く!」と決めたのは、今週の火曜日のこと。
本当は再来週末の3連休にゆっくり行こうと思ったけど、
「職場の行事が入ってしまった」「ストライキ(!)の前に何とか・・・」
との理由にて、急遽札幌行きとなりました。

思い立ったが吉日・・・今日行って正解。

なんたって勝ちましたから!
(試合結果は→こちら

しかも新庄とセギノールのホームラン付き(^-^)v
新庄のスターぶり、この目にしっかり焼き付けました。やっぱカッコいいねぇ。

5-0から5-4まで追い上げられて最後はヒヤヒヤしたけど、
北の大魔神・横山のパーフェクトリリーフで逃げ切り、3位浮上です!
プレーオフ進出目指して、ラストスパートで頑張ってくれ~!!!

それにしても「地元球団を応援しながらの観戦」がこんなにいいもんだとは!
ファイターズ様、北海道に来てくれて本当にありがとうございます。
今年はこれが最初で最後の観戦になりそうだけど、こりゃ来年もハマるな(笑)

ちなみに今回は内野自由席での観戦。もちろんファイターズサイド(3塁側)です。
ファンクラブに入ってるので当日割引が適用になり、1500円で入れました。安い!
でもドームの駐車券が2500円・・・入場チケットより高いってどういうこと?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »