« Usual Life | トップページ | What's your name? »

2004.09.21

HERO

時は22時20分頃だっただろうか?
風呂から上がり、ネットでファイターズ戦の試合経過を見たら、
9回裏に同点に追いついて、しかもサヨナラのチャンス!

急いでラジオをつけたら・・・「凄いことが起きました!」
そして、程なく流れてきたSHINJOのヒーローインタビュー。
「満塁サヨナラの場面、何を考えてましたか?」の問いに・・・

「ヒーローになりたい!ヒーローになりたい!」

と連呼。それを聞いてミスチルファンの自分は、
瞬時に名曲「HERO」の歌詞を頭に思い浮かべていた。

自分にとって、今回のストライキは
「野球」をフルコースで深く味わうために用意された、
苦くて渋いスパイスなのかもしれない。

野球のない週末は正直「残酷に過ぎる時間」だったけど、
それが「十分に大人(=質の良いファン)になるためのものだった」
と思える日が、いつか来るのかもしれない。

スト自体には今も賛同はしてないけれど、
野球を見れなかった悲しさや切なさを引きずることなく、
これからも“野球を見れること”が繰り返されていくよう、
ささやかながら一ファンとして願い続けることにしよう。

2004年9月20日にSHINJOがくれた“最後のデザート”は
レフトスタンドに飛び込んだ「史上最高のシングルヒット!」
笑って美味しく食べさせて頂きました。ありがとう、SHINJO!

------------------------------------------------------------

「野球はSHINJO、音楽は櫻井和寿」

自分にとって現在の“HERO”は、間違いなくこの2人です。
今年もこれまで「つまずいたり、転んだり」することが多かったけど、
この2人が発する有形無形のメッセージに、何度手を差し伸べてもらったことか。

その意味でも、今年この2人を生で見れたのは、まさに至福でした。
チャンスがあればまた来年も、生でHEROに会いたい!

|

« Usual Life | トップページ | What's your name? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/1483917

この記事へのトラックバック一覧です: HERO:

« Usual Life | トップページ | What's your name? »