« 今日の二言 | トップページ | 今日はこれに尽きる! »

2004.07.11

久々にたっぷりと「野球ネタ」

「日本プロ野球の今後」が世の中のトップニュースを飾るようになって、もう1ヶ月程になるだろうか。その間、自分も野球ファンとして色々と考えはしたけど、完全に意見・主張をまとめられていない。こんな状態じゃ中途半端であることは重々承知しているが、いま考えている事を少しだけ書き残そうと思う。

・経営者側はまず「プロ野球の発展を叶えられなかった」ことを世の中に素直に詫びるべき。その上でシステム改善の必要性を訴えるのが筋であり、オーナー会議の決定のみを根拠として、強引かつ、なし崩し的に事を進めていくのは問題。そのやり方では「ファン不在」との論調が掲載されても文句は言えない。

・複数の某球団首脳の暴言(「たかが選手が俺らと話できるか!」「あんな選手に高い金を・・・」とか)は言語道断。人の上に立つ者の発言ではない。ただ、それに対する選手側のストレート過ぎる反応も冷静さを欠いている(気持ちは分かるが)。双方ともに、先(発展)を見据えた建設的な論議はできないものか。

・球団数が減少するのは好ましくないが、経営できない企業にそれを続けろというのは無茶な要求。また、球団を買いたいという企業を救世主的に扱うことには違和感を覚える。あくまで個人的な見方だが、某ネット企業はまだ歴史が浅く、安定的に企業を成立させてきた実績は乏しいと言わざるを得ないことから、「今後何十年も球団を経営できるのか」という点には大きな疑問を感じる。

・2リーグ制の現状維持はマンネリ。経営上の問題とは別に、真新しいカードを考える時期に来ている。もし現行の12球団で運営するにしても「交流試合」か「1リーグ3ブロックorディビジョン(4チーム×3)によるワイルドカード制=メジャーリーグと同様の方式」の導入が望ましい。ただ、現状ではそれが困難である以上、合併による偶数の球団数への再編を踏まえた新規方式を検討する流れは仕方ないことと考える。

・選手側にも問題有り。彼らは「個人事業主」であるのだから、一般の被雇用者と同様に雇用の保障を求めるのは少し違うのではないか。取引先(契約相手)を確保するためには、自らのスキルを向上させるのが先。主張そのものは権利として行使して頂いても構わない。ただ、「レベルアップ」と「良いプレーを見せること」への注力は並行されるべきであり、それを蔑ろにしてはならない。オールスター第1戦を見る限りでは、その心配はなさそうだが。

・選手の高年俸は是正すべき。本当に億単位の給料に値する選手は何人いるのか?シビアな見方をすれば、いくら成績を残しても「優勝できない」「客を呼べない」ならば年俸は上げるべきではない。球界の存続と適正化を目的に、年俸のカットや返還、また高年俸選手の拠出による財源確保のような動きが選手側から出てこないものだろうか。

・新入団選手への高額契約金も是正すべき。そもそも何故に必要か?実際に活躍することで稼ぎなさい。それでも契約金制度を継続するのなら「逆・契約金」も導入すべき。一軍のゲームに出場できなければ返納するぐらいの制度があってもよい。

・リーグ方式や球団数がどうなるにしても、放映権とライセンス使用料は日本野球機構が一括管理し、均等に分配すべき。メジャーやJリーグの良い点は柔軟に吸収せよ。

・それを言う前にまず「コミッション」を何とかしなきゃならない。様々な問題の根本がここにあるように思える。選手・監督経験者が運営の根幹に入ることについて本気で考えた方が良い。よく言われてることだけど、王さんや星野さんのような功労者がトップの一員として動いてくれるようなコミッションなら期待が持てるけど・・・

・「ファンは弱者」とは、必ずしも思わない。球団を運営できなくなった企業が出てきたのは、「“消費者としてのファン”がNOを突きつけた結果」とも言え、もう手遅れに近い状況になってから自らの願望のみを声高に叫ぶのは感情的になり過ぎだと感じる。

ドラフト、FA、メジャーとの関係、地域との連携、グローバル化(アジアンリーグ構想等)、底辺の拡大・・・まだまだ考えるべきことは山積している。もちろんこれらについての意見も持っているが、完全にはまとめ切れていないので、恐縮だが今回は割愛する。

なお、これまで述べてきた内容で議論をするつもりは無い。自分自身、その主張の中に不備や誤認があることは承知しており、それを材料に議論しても不毛なだけなので・・・もし、明確な根拠や別の視点による意見があれば、ぜひ参考とさせて頂きたい。

最後に・・・

すべての野球ファンにお願いがあります。

今後、どんな結果が訪れても、野球を見放さないで下さい。

何が起こったとしても、野球ファンとして、かろうじてできることは・・・

「相変わらず、性懲りもなく、野球を愛し続ける」以外にないんです。

「野球が見れること」そのものは、来年も、その次も、続いてくれるはず。

でも、我々が見放してしまったら、それすら叶わなくなってしまうのです。

今まで通りに、そしてこれからも、野球を通じて「至福の時間」を享受できるよう、

冷静かつ創造的に、野球を、またスポーツすべてを、見守っていきましょう。

|

« 今日の二言 | トップページ | 今日はこれに尽きる! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23477/942841

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にたっぷりと「野球ネタ」:

» 暴論・プロ野球の何が駄目なのか(其の弐) [僕の村は競売場だった]
昨日の記事に(其の壱)と銘打ったので、本日は(其の弐)である。『暴論→其の壱』という呼応関係なので、中の「近鉄〜」「プロ野球〜」はサブタイトル的なものと思って欲... [続きを読む]

受信: 2004.07.11 13:56

» <1リーグ制問題>プロ野球オーナー発言集 [ネット証券Blog (ヨーグルト味)]
オーナー発言をまとめています。 こうして、見てみると、オーナーもファンが選挙で選んだ方がいいんじゃないかと思えてきました。 [続きを読む]

受信: 2004.07.11 16:11

« 今日の二言 | トップページ | 今日はこれに尽きる! »