« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.25

逃げ癖

昔から「思い切ることができない」人間だ。
「積極性が無い」って、よく言われていたっけ。

昔から「当たって砕けろ」の気持ちが持てない人間だ。
目の前に壁があっても、乗り越えずにかわしてしまう。

そんな生き方を変えようとしなかった結果、
どうやら自分には重度の「逃げ癖」がついてしまったようだ。

今だって、逃げてる。

それは承知している。でも、反射的に逃げてしまうんだ。
「優しさ」や「気遣い」を口実に・・・癖の悪い自分に腹が立つ。

逃げずに向かっていかなきゃ、手に入らないのは分かってる。
でも結果が怖くて何もできず、諦めることで自分を納得させている。

もう、こんな人生には、いい加減にピリオドを打ちたい。
逃げ癖を拭い去らなければ、希望は永遠に叶わないのだから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.07.23

ボーダーラインは「63.5kg」

入院して減った体重を戻すために、また多忙期のスタミナ源として、退院後1ヶ月半くらいは意識的に通常より少し多めに食べるようにしていました。おかげで体重も元に戻り、多忙や暑さにもバテることなく、ここまで普通に暮らしてきましたが・・・

どうやら食べ物を少々摂取しすぎたようで(上記の理由にかこつけて酒を飲み過ぎたのも悪かったな・・・)月初あたりからウェートの数値が標準体重(63.5kg)から頭を出すようになってきてしまった(汗)しかも今月は外食の機会も結構多くて・・・今日も仕事関係の交流会とやらで、ホテルの油っぽいオードブルをちょいと食べ過ぎてしまった(爆)

というわけで、標準体重の維持を目的に、先週後半から帰宅後のウォーキングを「再開」しました・・・そう、「再開」なんです。2年振りに。詳細を書くと長くなるので割愛しますが(笑)

経験者(謎)として一言・・・

ウォーキングの「継続」はダイエットに間違いなく効果があります。それに食事面のコントロールを加えれば、なおOK。高価なサプリメントとか器具類なんて、ダイエットには必要ありません。間違いない!(←長井秀和風に)

では、レンタルCDの返却ついでに、これからガッツリ歩いてきます。さっき食べた分を少しでも燃焼させるのだ!(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.19

My Arms are Red......

今日(もう昨日か)は帯広で年に一回のイースタンリーグ(野球の二軍)公式戦「湘南シーレックスvs読売ジャイアンツ」が開催。無類の野球好きが見に行かないわけが無い(笑)ってことで観戦してきました。まぁ「タダ券もらったから行こうかな」と思ったのが本音ではありますが。しかも球場までは自宅から歩いて10分くらいだし。

試合自体はホームランが4本出たから、そこそこ面白かったっすよ。「巨人に鳴り物入りで入った高卒ルーキー、ピリっとしなかったなぁ。まだまだ!」みたいな細かーい内容を書いちゃうと超マニアックになってしまって誰もついてこれないと思うので、今回は省略いたしますけど(笑)

昨日のゴルフと今日の野球観戦、連日の「アッパー30℃(たぶん)での外出」によりまして、私の腕は日焼けで真っ赤っかになってしまいました・・・風呂に入ったら沁みて沁みてツライっす(>_<)

・・・焼酎のロック飲み過ぎ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.17

Nice-Shot?

炎天下のゴルフ。尋常じゃない量の汗が放出された(笑)
そんな過酷な状況の中、予想もしない現象が生じました。

今シーズン初ラウンドで、しかもクラブ持ったのが1週間前なのに、
なぜか自己ベストが出てしまった・・・不思議ったらありゃしない。
(注:「初級者としては良い方のスコア」と捉えて下さい)

おかげで周囲(仕事関係の人たち)には異常に驚かれる始末。
挙げ句の果てには、こんなことまで言われていたりして。

「盲腸取ったから体の左右のバランスが良くなったんじゃない?」

・・・おいおい(爆)でも何となく納得してみたりもして。
盲腸切ってゴルフ上手くなるなら、切る人増えるような気がする(笑)

まぁ結果が良かったので、自分的にも結構気分がいいですよ。
てなわけで「放出した汗の補給」と「ちょっとした祝い酒」を兼ねて、
このblogの執筆前に発泡酒を350ml×3缶、お腹に入れました(^-^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北国の暑い夏に、我思う。

『暑いね、帯広。30℃いってんのかな・・・もうイヤだ!』

なんて書いたら本州の人間全員に憎まれそう(笑)
でも気温差はツライっすよ。1週間前は20℃前後だったんだから。

こんな感じでしか日常が見えなくなってしまい、
「今その瞬間こそが幸せ」だってことを忘れてしまうこともしばしば。

入院して初めて「普通でいられることの大切さ」に気づいたはずなのに、
普通に戻れたら戻れたで、それを忘れて現状に苦しんでばかり。

----------------------------------------------------------------------------------

「間違ってない、間違いじゃない。」一分一秒、そう言い聞かせてる。
「間違ってたのか?」と思い始めたら、心がそれで覆われてしまうから。

「そうしなきゃ先に進めないんだ!」と思ったから、足を一歩踏み出した。
間違ってなんかいるはずがない。でも、本当にそれで良かったのか?

今まで築いてきたものを、自分の手で壊す結果になるかもしれない。
その時、自分の心に刻みつけられるのは、後悔か、それとも納得か・・・

振り返れば毎年のように、同じことで苦しみを感じている事実に気づく。
一向に成長しない自分を、あと何年抱えて過ごさなければならないんだ?

----------------------------------------------------------------------------------

・・・でも、こんな風に苦しみを感じられるのも「普通でいられるから」
いや、自分の場合は「普通に戻れたから」こそなのかもしれない。

いま一度「普通でいられることの大切さ」に幸せを感じてみよう。
そんな当たり前のことを、ドラマ見て気づいてたりする金曜の夜だった。

いくら暑くなったって、晴天を得られていることに喜びを感じなきゃね。
集中豪雨の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

明日は退院後初のゴルフ・・・元々ヘタなのでスコアは悪くても全然いいけど、
体力が続くかどうかが最大の問題(汗)というわけで寝ることにします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

今日はこれに尽きる!

SHINJO最高!!!

他に言うこと無し(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にたっぷりと「野球ネタ」

「日本プロ野球の今後」が世の中のトップニュースを飾るようになって、もう1ヶ月程になるだろうか。その間、自分も野球ファンとして色々と考えはしたけど、完全に意見・主張をまとめられていない。こんな状態じゃ中途半端であることは重々承知しているが、いま考えている事を少しだけ書き残そうと思う。

・経営者側はまず「プロ野球の発展を叶えられなかった」ことを世の中に素直に詫びるべき。その上でシステム改善の必要性を訴えるのが筋であり、オーナー会議の決定のみを根拠として、強引かつ、なし崩し的に事を進めていくのは問題。そのやり方では「ファン不在」との論調が掲載されても文句は言えない。

・複数の某球団首脳の暴言(「たかが選手が俺らと話できるか!」「あんな選手に高い金を・・・」とか)は言語道断。人の上に立つ者の発言ではない。ただ、それに対する選手側のストレート過ぎる反応も冷静さを欠いている(気持ちは分かるが)。双方ともに、先(発展)を見据えた建設的な論議はできないものか。

・球団数が減少するのは好ましくないが、経営できない企業にそれを続けろというのは無茶な要求。また、球団を買いたいという企業を救世主的に扱うことには違和感を覚える。あくまで個人的な見方だが、某ネット企業はまだ歴史が浅く、安定的に企業を成立させてきた実績は乏しいと言わざるを得ないことから、「今後何十年も球団を経営できるのか」という点には大きな疑問を感じる。

・2リーグ制の現状維持はマンネリ。経営上の問題とは別に、真新しいカードを考える時期に来ている。もし現行の12球団で運営するにしても「交流試合」か「1リーグ3ブロックorディビジョン(4チーム×3)によるワイルドカード制=メジャーリーグと同様の方式」の導入が望ましい。ただ、現状ではそれが困難である以上、合併による偶数の球団数への再編を踏まえた新規方式を検討する流れは仕方ないことと考える。

・選手側にも問題有り。彼らは「個人事業主」であるのだから、一般の被雇用者と同様に雇用の保障を求めるのは少し違うのではないか。取引先(契約相手)を確保するためには、自らのスキルを向上させるのが先。主張そのものは権利として行使して頂いても構わない。ただ、「レベルアップ」と「良いプレーを見せること」への注力は並行されるべきであり、それを蔑ろにしてはならない。オールスター第1戦を見る限りでは、その心配はなさそうだが。

・選手の高年俸は是正すべき。本当に億単位の給料に値する選手は何人いるのか?シビアな見方をすれば、いくら成績を残しても「優勝できない」「客を呼べない」ならば年俸は上げるべきではない。球界の存続と適正化を目的に、年俸のカットや返還、また高年俸選手の拠出による財源確保のような動きが選手側から出てこないものだろうか。

・新入団選手への高額契約金も是正すべき。そもそも何故に必要か?実際に活躍することで稼ぎなさい。それでも契約金制度を継続するのなら「逆・契約金」も導入すべき。一軍のゲームに出場できなければ返納するぐらいの制度があってもよい。

・リーグ方式や球団数がどうなるにしても、放映権とライセンス使用料は日本野球機構が一括管理し、均等に分配すべき。メジャーやJリーグの良い点は柔軟に吸収せよ。

・それを言う前にまず「コミッション」を何とかしなきゃならない。様々な問題の根本がここにあるように思える。選手・監督経験者が運営の根幹に入ることについて本気で考えた方が良い。よく言われてることだけど、王さんや星野さんのような功労者がトップの一員として動いてくれるようなコミッションなら期待が持てるけど・・・

・「ファンは弱者」とは、必ずしも思わない。球団を運営できなくなった企業が出てきたのは、「“消費者としてのファン”がNOを突きつけた結果」とも言え、もう手遅れに近い状況になってから自らの願望のみを声高に叫ぶのは感情的になり過ぎだと感じる。

ドラフト、FA、メジャーとの関係、地域との連携、グローバル化(アジアンリーグ構想等)、底辺の拡大・・・まだまだ考えるべきことは山積している。もちろんこれらについての意見も持っているが、完全にはまとめ切れていないので、恐縮だが今回は割愛する。

なお、これまで述べてきた内容で議論をするつもりは無い。自分自身、その主張の中に不備や誤認があることは承知しており、それを材料に議論しても不毛なだけなので・・・もし、明確な根拠や別の視点による意見があれば、ぜひ参考とさせて頂きたい。

最後に・・・

すべての野球ファンにお願いがあります。

今後、どんな結果が訪れても、野球を見放さないで下さい。

何が起こったとしても、野球ファンとして、かろうじてできることは・・・

「相変わらず、性懲りもなく、野球を愛し続ける」以外にないんです。

「野球が見れること」そのものは、来年も、その次も、続いてくれるはず。

でも、我々が見放してしまったら、それすら叶わなくなってしまうのです。

今まで通りに、そしてこれからも、野球を通じて「至福の時間」を享受できるよう、

冷静かつ創造的に、野球を、またスポーツすべてを、見守っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.09

今日の二言

1.ヒロシは面白い

2.綾瀬はるかは可愛い

・・・以上(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

七夕って終わってたのね(笑)

なんか曜日感覚が変になってる(^-^;)別に七夕だからって自分の生活に関係もへったくれもないけどさ。

日中に「忙しさもひと段落してきました・・・ってblogに書けるかな?」と思っていたら突発の仕事が入って残業になっちゃってるし(泣)今日はこんな状態だったけど、一時の多忙からは確かに解放されつつあります。来週は残業しなくて済みそうかな?でも「事の段取りが済んだ」ってだけなので、この先には「事を実施する」業務が待っているんだよね・・・てなわけで、そんなに安閑とはしていられないのでした。

ていうか・・・お役所に出す書類めんどくさいよ!決め事多くて訳分からん。こいつらを完成させて今日提出してきたから少し身軽になったっちゅーねん。まぁ事務屋なのでそういうことをやらなきゃ食ってけないんだけどね。営業の仕事するよりは全然いいですわ。

「背中の上半分の凝り・張り」が、私の疲れのバロメーター。2週間前の「ニシエヒガシエ大移動(笑)」の時以来、なかなか取れませんなぁ・・・今週末もゆっくりしてることにしよう(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.06

頭痛が痛い

日本語の使い方としては間違っております(笑)

昨日は仕事してる最中から頭が痛くて、残業もせずに(できなかった、という方が正しい)早々と帰宅し、9時前には床に就いてしまいました。途中で何度か目は覚めたけど、結局起きたのは6時前。週末あれだけ寝たはずなのに、月曜にもこんなに睡眠をとってしまうとは・・・「本当に疲れているだけなのか?」と微妙に不安になったりもして。

まぁ1ヶ月入院して体力落ちたにもかかわらず、体力回復の期間もロクに取らずに職場復帰したりあっちこっち飛び回ってたりするのが悪いんだよね。結局のところ「基礎体力不足」でございます(汗)ウォーキング再開しよっかな・・・

今日は昨日ほどではないけど、まだ微かに変な感じ。こうなると気になっちまうので・・・気がつけば「頭痛」で検索かけてる自分がいた(笑)で、一番最初に出てきたこのサイトを流し読み。うーん・・・自分の頭痛は「緊張型頭痛」「片頭痛」どっちなんだろう?状況的には前者だけど、症状的には後者。さらに読んでいくと・・・頭痛対策としてやって良いことと悪いことが「緊張型頭痛」と「片頭痛」では正反対。ますますどうすりゃいいのか分からなくなってきた(爆)

痛い頭で考えた末に出した結論。こういう時はとりあえず普段通りにしていよう(笑)メシ食って風呂入って寝る!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.04

Sleeping Weekend

この週末の休日は、昨晩カラオケに行った以外はほとんど寝ておりました。
部屋の掃除もゴルフの打ちっ放しもDVDの鑑賞も結局できずじまい。

体がこんなにも睡眠を欲していたのは、いつ以来だっただろう?
色々考えることもあったし、疲労が蓄積してたんだなぁ・・・と再認識。
今週は残業から帰ってきてもダラダラせず、早く寝ることにしよう。

・・・寄る年波には勝てない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

なんかウザくなってきたので

髪を短くしようかと思案中。タイトルだけ見たら何事かと思ったでしょ(笑)
今年の夏は気温が高めのようだし、気分転換も兼ねて切っちゃおうかと。
問題は「思い切れるかどうか」ですな(汗)とりあえず1週間様子を見よう。。。

・・・さて、歌いに行くとするか。間違いなくミスチル三昧だな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »